旅BBS (テキスト版)
tabibbs.com
旅BBS(本体) は、 ここをクリック
※このページは、旅BBS『画像掲示板』のテキストページです。 旅BBS『画像掲示板』本体へは、ここをクリックしてお進み下さい。

旅BBSメニュー>海外情報ノート
韓国スキー旅行

0001. MM 2005/09/28_18:51:54
photo1 出発前、冬のソナタ全20話、DVD7枚を6日に分けてすべて鑑賞した。話題にはなっていたが今まで内容はよく知らなかった。一応目を通そうと思ったきっかけは今回の目的地であるスキー場がドラマの重要な部分を占めるロケ地になっているというのが最大の理由だ。そんな気まぐれからドラマを見るようになり、結果としてこのドラマを見たことで韓国に対するイメージにさわやかさが加わった。このようなドラマだけ見ていると韓国が夢の地に思えてくるおばさんの気持ちはわからなくはない。
photo2 セントラルホテルの外観は予想以上に怪しかった。1泊8800円。二人で泊まるので一人あたり4400円だ。ホテルの内部も老朽化が進んでいる。古いのはしかたないとして部屋に入り、僕を出迎えてくれたのはゴキブリの死骸だった。バスタブに水を溜めようと思ってふと排水溝のところに目をやるとゴミが引っかかっているのに気づいた。最初枯れた花か何かかと思ってがよく見るとゴキブリだった。最悪だ。この部屋はあまり回転していないのだろうか?換気もよくない。今まで宿の部屋にゴキブリがいたり死骸が落ちていたりしたことは何度もある。別に問題にするほどではないのだが、ここは韓国の中級ホテルだ。東南アジアの旅社ならまだしも、ここへは日本から予約を入れてそれなりに快適な部屋を期待して来たのだ。韓国の宿にはそれなりに期待している。それがこの有様では気分も悪くなる。フロントの対応は悪くないのだが。
photo3 旧正月ということで乙支路3街の商店街は全滅していたが、鐘路3街駅周辺の繁華街はそれなりに人通りも多く、寒いのに屋台も出ている。日中は日射しもあり、ダウンジャケットを着ているせいかそれほど寒さは感じないが気温は氷点下だ。手袋なしでは辛い状況だ。しかし道行く韓国人はあまり手袋をしていない。
さっそく明日のツアーの再確認の電話を入れた。その際泊まっている部屋の番号を伝えた。どうも明日は車をチャーターするような感じだ。しかし電話をすると旅行会社のスタッフに「竜平スキー場は遠いのでソウル近郊のヤンジスキー場のほうがいいですよ」をすすめられた。その方がスキーを長い時間滑ることが出来るとのこと。しかし今回はスキーを滑ることより冬のソナタのロケ地である竜平スキーリゾートに行くことが目的でスキーを滑るのはついでなのだ。
photo4 そんなわけで竜平スキー場にこだわっているのだが、チャーターで代金が12500W(13125円)というのは破格だ。この料金には4000W(4200円)の半日リフト券とレンタルスキー代金。そして往復の高速道路代とガソリン代などそれなりにコストがかかるはずなのだが。ヤジンスキー場をすすめる理由は竜平に行かれるともうけが少ないのだろう。しかしこちらは前もって予約を入れていたわけだし、竜平スキー場に行けない場合はキャンセルするつもりだ。

0002. MM 2005/09/28_19:03:31
photo1 友人は最終便でソウルに到着し、無事合流することができた。夜のソウル市内の温度計。−10℃を表示。明日の最高気温は−1℃。
photo2 8時に日本語を喋る女性ガイドが迎えに来た。他にもツアーに参加している日本人がいるので車で一度明洞の方へ向かった。でも結局他の日本人はスキーに滑ることを重視するようで近郊のヤジンスキー場へ行くらしく顔を合わすことはなかった。結果として二人で車をチャーターすることになり、日本語のガイドと運転手を独占することになった。れで一人12500Wは信じられない安さだ。日本語のガイドが付き、車をチャーターすると北朝鮮旅行を思い出す。日本海(韓国名東海)側にある竜平スキー場まではけっこう距離があるが高速道路を使って3時間ほどだ。
韓国で空港と市内の移動以外で高速道路を使うのは初めてだ。途中ドライブインに立ち寄った。外国の高速道路のドライブインはあまり経験がなく新鮮だ。しかし韓国の場合日本の真似なので雰囲気に特徴はない。
写真は運転手(左)とガイド(右)とトライブインにて
photo3 しばらく走ってふと山肌に目をやるとうっすら雪化粧していた。ソウルでは気温が低くても雪が全くなく爽やかさがなかったが、ここにきて初めて雪を見ることができ心地よさを感じた。11時過ぎにスキー場のある竜平のインターチェンジで下り、レンタルスキー屋に連れて行かれスキー道具一式を借りた。その後しばらく山道を走り、洗練されたスキーリゾート内に滑り込んだ。
photo4 ここ竜平(ヨンピョン)スキーリゾートは韓国では最も有名で最大級のスキーリゾートだ。日本人にとってなじみ深いのはブームになった冬のソナタのロケの大半がここで行われたということだろうか。そのためスキーをしないのにここを訪れるおばさん連中も多いとのことだ。メインとなるドラゴンプラザという建物の中にあるレストランはドラマで出た見覚えのある場所だったりする。

0003. MM 2005/09/28_19:08:04
photo1 ここ竜平(ヨンピョン)スキーリゾートは韓国では最も有名で最大級のスキーリゾートだ。日本人にとってなじみ深いのはブームになった冬のソナタのロケの大半がここで行われたということだろうか。そのためスキーをしないのにここを訪れるおばさん連中も多いとのことだ。メインとなるドラゴンプラザという建物の中にあるレストランはドラマで出た見覚えのある場所だったりする。とりあえずここで昼食を食べることにした。プロコギ定食が1000W(1050円)高いが場所を考えると無理もなく、日本のように量が少ないということはなくなかなかのボリュームだ。
photo2 韓国のスキー場では人工雪だとあきらめていた。でも東海岸は最近けっこう雪が降ったようで完全に天然の雪が積もっている。しかも気温が低いので良質のパウダースノーだ。このような雪質は長野あたりではなかなかお目にかかれない。青空の下のパウダースノー。日本だと日射しがあると気温が上がってしまうがここは大陸特有の気候で日射しがあっても気温は低いままだ。まさに理想的なスキー場だ。
photo3 今日は韓国の大型連休のはずだが、人はそれほど多くない。リフトもほとんど待つ必要はない。
photo4 帰る前に別料金を払ってゴンドラに乗り、山の頂上(ドラゴンピーク)に行ってみたかったが、午後から人が増えてきてけっこう行列が出来てきたので断念することにした。このゴンドラの頂上は「冬のソナタ」でユジンとミニョンが嵐の中一晩過ごしたという重要な場所だが、そこまで想い入れはない。
3時前にスキー場をあとにした。2時間しか滑ってないが、コースは一通り滑ることができたし、久々のスキーで、滑りまくろうという気があまりわかない。2時間はちょうどよかったような気もする。

0004. MM 2005/09/28_19:12:26
photo1 ソウルに戻り、夕食は鐘路の立派な外観のレストラン「クムガンサン」でカルビを食べることにした。今まで韓国に何度か来ているが、いつも一人なので焼き肉や鍋を食べる機会がなかった。そんなわけで今回念願の焼き肉だ。骨付きカルビや豚カルビなどそれなりに食べて二人で29000W(3045円)と日本に比べれはかなり割安だ。
photo2 深夜までにぎやかな東大門市場界隈
photo3 景福宮へ行ってみた。今日も寒く、池は凍り付いている。
photo4 景福宮の香遠亭

0005. MM 2005/09/28_19:15:47
photo1 その後西大門公園の独立門、そして反日を象徴する刑務所博物館とやらに行ってみた。博物館の中には客が誰もいない。このようなふざけた場所には韓国人もあまりこないのだろうか。それともたまたまか。もちろん日本人のツアーのコースには含まれていない。中には落書きが多く、そのほぼすべてが日本の悪口だ。韓国で久々に反日を意識してしまう場所だ。
photo2 刑務所博物館の蝋人形
photo3 地下鉄でホテルに戻り、荷物を受け取り、高速バスターミナルへ向かった。高速バスターミナルがあるセントラルシティーには航空会社のチェックインカウンターがあり、アシアナ航空と大韓航空に限りここで搭乗手続きを済ますことができるようだ。そんなわけでここでチェックインを済ませ荷物を預けることが出来た。
 仁川空港までは行きと同様高級リムジンに乗り込んだ。所要時間は50分。チェックインをすませているのでそのまま出国審査場に向かった。
 仁川発18:45。帰りの便はA320型機で狭い。機内食も相変わらずだ。成田までの所要時間は行きより少し速く2時間15分だ。成田着は21:00。
気温は5℃だがソウルが寒すぎたせいでずいぶん暖かく感じる。少し体を動かすと汗ばむ気候だ。
photo4

0006. 前田 英明 2006/05/14_17:34:37
photo1 よく出来ていました。
photo2
photo3
photo4

旅BBSトップ旅BBS(テキスト版)スレッド一覧