旅BBS (テキスト版)
tabibbs.com
旅BBS(本体) は、 ここをクリック
※このページは、旅BBS『画像掲示板』のテキストページです。 旅BBS『画像掲示板』本体へは、ここをクリックしてお進み下さい。

旅BBSメニュー>海外情報ノート
真夏のリオとサンパウロ(ブラジル)/2007年1月

0001. まえだまさとし 2007/02/01_22:23:22
photo1 ブラジルに行くことにしました。目的地はリオデジャネイロとサンパウロです。
photo2 ワシントン経由便で向かう。
ユナイテッド航空の新塗装機が成田でも見られるようになってきた。
photo3 今日のフライトは比較的空いているようで後部座席は空席が目立つ。
 夕方(16:40)発のフライトで経由地ワシントンには日本時間の真夜中(深夜5時)に到着する。現地時間の午後3時だ。所要12時間で機内食は二回だが、フライトの半ばでスナックが出る。今回はカップラーメン「きつねらあーめん」とバナナだった。いつもお湯を注いでくれるが温いので麺が十分ほぐれない。あまりうまくないが、腹の足しにはなる。
photo4 そして到着前に食事が出る。真夜中ということでこれを食べるのはけっこう辛い。
 ワシントンではリオデジャネイロ行きまで6時間待たなくてはならない。ワシントン空港のコンコースは人の流れも多く、カフェやレストランはどこも混雑している。6時間も時間をつぶすのは大変だ。とりあえずレッドカーペットラウンジに行ってみた。今回はほとんどのソファーが埋まっている。トイレも少ないのに混んでいる。これでは落ち着く場所がない。

0002. まえだまさとし 2007/02/01_22:25:19
photo1 21:49発。サンパウロ経由リオデジャネイロ行き。機材はB767。出発地を夜に出発し、現地に朝到着する夜行便だが、日本時間の感覚では日中のフライトになるので眠れそうになく大変だ。でも寝るしかない。サンパウロはサマータイムが採用され時差は3時間。所要時間は8時間強だ。サンパウロで乗り継ぎリオデジャネイロまでの所要時間は12時間。東京からワシントンまでの時間と同じだ。トータルで東京からの所要時間はワシントンでの乗り継ぎを合わせると31時間だ。究極の長距離移動だ。一度の移動でこれだけ時間を掛けたのは今までの最高記録かもしれない。
photo2 サンパウロ行きでリキュールを注文したら5$取られるようでやめた。ユナイテッドもとうとうアルコールに料金を取るようになったのだろうか。それとも南米線だけか。帰りの東京行きで試したら無料だったので南米路線だけ有料のようだ。
 翌朝サンパウロを経由、さらに30分ほどの飛行時間でリオデジャネイロに到着した。東京から31時間。
リオデジャネイロ・ガレオン国際空港のターミナル。
photo3
photo4

0003. まえだまさとし 2007/02/02_17:21:41
photo1 リオの街へはバスで出ることにした。コパカバーナまで行くバスがあり、6R(342円)だ。到着したバスはけっこう混雑しているが何とか座ることができた。このバスは座席定員制なので席がないと乗せてもらえない。
 バスはセントロを経由する。リオの港湾地区は世界有数の治安の悪さだ。
photo2

photo3 リオのセントロ。
photo4 車のフロントガラスを洗って小銭を稼ぐ男がいた。
バスは国内線のサントス・ドゥモン空港を経由し1時間以上かけてコパカバーナビーチの中心部に到着した。とりあえずビーチ沿いで適当にバスを降りることにした。

0004. まえだまさとし 2007/02/02_17:29:56
photo1 十年半ぶりのコパカバーナ。前回はろくな思い出しかない、そもそもリオデジャネイロに何をしにきたのかもわからなかった。とにかくくだらない手口にひっかかり、旅行は台無しになってしまったのだ。

コパカバーナの町並み。
photo2 今日のリオデジャネイロは気温は27度と焼け付くような暑さではない。
photo3 サンタクララ通りを山に向かって歩き、ユースホステルに到着した。宿の正式名称は「チェ・ラガルト・コパカバーナ」。ドミトリーで1泊38リエル(2166円)。おそらくリオデジャネイロ・コパカバーナ地区では最安値の宿泊施設だ。
ブラジルの物価は高くはないが、宿に関してリオデジャネイロは欧米並みの高さだ。シングルなど泊まろうものなら、あっという間に金がなくなってしまう。最近ドミトリーを避けてきた。多少高くてもシングルのほうが落ち着くのが理由だ。でも今回はできるだけ宿代は節約してほかにお金を使いたい。そんなわけでおそらくコパカバーナでは最安値と思われるこのホステルに泊まることにした。
photo4 8人部屋は結構窮屈だ。

0005. まえだまさとし 2007/02/04_05:40:24
photo1 コパカバーナビーチへ向かった。宿は内陸にあるので海辺までは500メートルほど歩かなくてはならない。
白い砂浜が見えてきた。
photo2 白いビーチには色とりどりの水着を着た老若男女でごった返している。
前回は冬の7月だった。ビーチにはだれもおらず、さびしい限りだった。でも今回は最高のリオが目の前に広がっている。
photo3 コパカバーナの白い砂は軽く、踏むときゅっきゅっと音が鳴る鳴砂だ.オーストラリアのホワイトヘヴンビーチでの感触と同じだ。しかしあの無人島とこの大都会の中にあるビーチでは環境がぜんぜん違う。このような大都会に美しいビーチが存在することが驚きだ。この不思議な景観がリオデジャネイロ最大の魅力であるのはいうまでもない。
photo4 翌日。
リオの朝は遅い。このホステルは朝食付きで9時から準備が始まっているようだ。メニューはフランスパンとチーズ、パパイヤとメロン、コーヒーとジュース。それなりにお腹はふくれぶったの高いリオで朝食が付いているのは有り難い。

0006. まえだまさとし 2007/02/04_05:46:23
photo1 とりあえずリオの基本的な観光地を回ることにした。まず岩山のてっぺんからリオの町並みを見下ろせる景勝地「ポンジアスーカル」へ行くことにした。
地下鉄で最寄りのボタフォゴ駅に向かった。
コパカバーナの最寄り駅には奴隷船の内部がデザインされていた。奴隷貿易は南米では人ごとではなくここでも負の遺産だ。これと同じものはガーナのケープコーストで見ることができる。
photo2 リオデジャネイロの地下鉄。料金は2.40リエル(137円)均一。
photo3
photo4

0007. まえだまさとし 2007/02/04_05:50:20
photo1 ボタフォゴの駅から徒歩でロープウェイ乗り場に向かった。10年半前はロープウェイ乗り場から駅に歩いている途中に立ち寄ったピザ屋でカバンを盗まれたのだ。駅を出てしばらくするとあのときのピザ屋は健在だった。本来ならここで食事をするのが過去へ決別なのだが、まだお腹はすいていない。
 道中今回も後ろを不審な人物につけられているのではないかと時折振り返ってしまう。でも今回は他の観光客の姿もあり、治安はかなり改善されているような気がする。でも油断は禁物だ。
photo2 無事にロープウェイ乗り場に到着した。雲は多少あるが青空がまぶしい最高の天気だ。気温も昨日に比べ高いようで30度を超えているはずだ。
ロープウェイはそれなりに観光客が多いが、それほど待たずロープウェイ乗り込むことができた。
photo3 ポンジアスーカルの岩山のてっぺんへは2つのロープウェイを乗り継ぐことになる。
中間駅からの眺め
photo4

0008. まえだまさとし 2007/02/04_05:53:03
photo1 中間駅からの眺め。航空機が目の前を旋回飛行する。
photo2 セントロにあるサントス・ドゥモン空港へサンパウロからのシャトル便が頻繁に着陸する。
photo3
photo4

0009. まえだまさとし 2007/02/04_05:54:57
photo1 ボンジアスーカルの頂上からの眺め。リオデジャネイロ一帯の不思議な景観が手に取るように把握できる。コパカバーナをはじめ各所の白い建物とビーチはどこもまぶしい。
photo2
photo3
photo4

0010. まえだまさとし 2007/02/06_17:31:09
photo1 次はキリスト像がそびえるコルコバードの丘に向かうことにした
前回来たときはコルコバードの丘に徒歩で向かおうとしてあのような目に遭い、観光は打ち切ってしまった。だからコルコバードの丘へ行くのは初めてだ。今回は余計なことは考えずタクシーで登山鉄道の駅へ向かった。観光地の交通機関の物価はこの前と変わってないが、タクシー代金は通貨切り下げ後も値上げしておらず半額になっているのでずいぶん安く感じる。
photo2 タクシーで難なく山麓の駅に到着した。しかしここは大混雑している。
photo3 チケットを買おうとする14時発の列車になるらしい。約2時間待ちだ。
登山電車のチケット
photo4 しかたなく待つことにした。
その間近くのカフェテリアで昼食を食べ、日系人の経営するおみやげ物屋に入ったりして時間をつぶすことにした。

0011. まえだまさとし 2007/02/06_17:35:01
photo1 14時に登山電車に乗り込んだ。
photo2
photo3 登山電車の車庫には保線用の年季のかかった車両が止まっていた。
photo4 コルコバードに登山電車はアプト式のラックレールを使用している。ヨーロッパの登山電車ではよく見るが南米では違和感を感じる。
列車はかなりの急角度で坂を上り始めた。途中待避線が何度か有り何度か他の列車とすれ違う。また観光客は利用できないが駅もあったりする。そんな中所要20分ほどでコルコバードの丘駅に到着した。

0012. まえだまさとし 2007/02/06_17:37:35
photo1 ここからエレベーターとエスカレーターでキリスト像の建つ展望台に向かうことになるのだがエレベーターはけっこう行列ができている。たいした高さではないので階段を使い徒歩で登ることにした。

コルコバードの丘。世界三大美港の一つ。あとは香港とナポリ?とにかく世界一の美しさなのではないか、奇妙な岩山が反り、複雑に入り組んだ入り江には白い大都会。そして至る所に弧を描くビーチ。
ため息が出るような美しさだ。上空には遊覧飛行のヘリが頻繁に旋回する。
photo2
photo3 キリスト像。
photo4

0013. まえだまさとし 2007/02/06_17:39:33
photo1 コルコバードの丘からの眺め。イパネマ・レブロン海岸方面。
photo2 こちらは世界最大のマラカナン・スタジアム方面。
photo3
photo4

0014. まえだまさとし 2007/02/06_17:40:05
photo1 4時には麓の駅に戻ってきた。パスでコパカバーナへ戻ろうとしたが、目的のバスがなかなか来ないので頻繁に来るセントロ行きのバスに乗り込んだ。市バスは相変わらず車内に改札と車掌が座っている。まさにブラジル名物だ。
photo2
photo3
photo4

0015. まえだまさとし 2007/02/06_17:42:35
photo1 バスはセントロの11月15日広場に到着した。ここからリオ最大の繁華街であるリオブランコ通りまで歩いてみた。セントロの街並みは他のラテン諸国の雰囲気と同じだ。一昔前の高層建築がくたびれた雰囲気を醸し出している。最新のビルはなく、数十年前のビルの老朽化が目立つ。ニューヨークなどかなり前のコロニアル調の高層ビルは古くても味があり、情緒を感じさせてくれるのだが、ラテン諸国のビルはなぜこうも怪しい雰囲気なのだろうか。
photo2 リオブランコ通り。
photo3 リオのセントロ
photo4

0016. まえだまさとし 2007/02/06_17:46:21
photo1 リオデジャネイロのカテドラル・メトロポリターナ。
その脇の水道橋を路面電車が走る。
photo2 カテドラルメトロポリターナへ入ってみた。ここも外観は地味で教会の常識を覆したであろう外観だが、内部はステンドグラスが輝き、自然光で中を明るくする造りになっていて落ち着いた感じだ。
photo3 カリオカ水道橋周辺はかなりガラが悪く路上生活者も多い。でも警察がパトロールしているのでかつてのように近づいてはいけない雰囲気ではない。
photo4

0017. まえだまさとし 2007/02/06_17:49:17
photo1 リオの路面電車は内陸の方に通じている。電化されて百年以上の歴史があるらしい。とりあえずこの路面電車に乗ることにした。
運賃は片道60センターボ(35円)と今日の観光地でもっとも安いアトラクションだ。しかし本数が少ない。乗客は地元の人も多いようだが、観光客もけっこう乗っている。
photo2 運転台。
photo3 途中狭い山道を力強く走りながら終点まで乗ることにした。
photo4 サンタテレザ地区の終点駅には小さなレストランがあるだけで次の列車まで相当待たされる可能性があるので同じ電車で戻ることにした。

0018. まえだまさとし 2007/02/06_17:50:52
photo1 リオの路面電車。
photo2 カリオカ水道橋を渡る。セントロに戻ってきた。
左手にはカテドラル・メトロポリターナ。
photo3
photo4

0019. まえだまさとし 2007/02/06_18:12:59
photo1 リオでの食事は海岸沿いの観光客向けレストランはどこも高いので地元の人が行くカフェテリアで済ますのがいい
。値段は4リエル(228円)〜6リエル(342円)とリーズナブルでボリュームもある。
photo2
photo3
photo4

0020. まえだまさとし 2007/02/06_18:17:18
photo1 翌日イパネマビーチへ行ってみた。ボサノヴァの「イパネマの娘」の舞台で歩いているとどことなくその音楽が流れてくる。
コパカバーナに比べ落ち着いた雰囲気だが、こちらも人は多い。
photo2
photo3
photo4 街角のキオスク

0021. まえだまさとし 2007/02/06_18:20:04
photo1 こちらはコパカバーナビーチ。
リオデジャネイロは延々と白いビーチが続いている。
色とりどりの水着を着た老若男女、あらゆる人種が入り乱れる。しかしアジア系は全くと言っていいほど見かけない。
photo2
photo3
photo4

0022. まえだまさとし 2007/02/06_18:23:08
photo1 コパカバーナ要塞の脇では鮮魚が売られていた。
photo2
photo3 ビーチではココ(ココナッツ)。
photo4 夜になり、大雨が降り出した。

0023. まえだまさとし 2007/02/06_18:29:06
photo1 深夜同じホステルの人々と3台のタクシーに分乗してクラブへ繰り出すことにした。コパカバーナの観光客用ディスコは30R(1710円)位するが我々は地元民用の12R(684円)だ。
場所はボタフォゴにある。
週末ということで大混雑だ。
現地に到着すると同じ宿の見慣れた顔ぶれが先に到着していた。みんな夜中どこに行っているのかと思っていたらここに来ていたようだ。
photo2 日系3世のフジタさん(右)。彼は日本語は話せない。親父さんは大阪に出稼ぎに行っているらしい。
photo3 深夜コパカバーナに戻り、このカフェテリアで軽く食べることにした。
photo4

0024. まえだまさとし 2007/02/06_18:38:28
photo1 翌朝8時には起き出発の準備をして9時から始まる朝食を待つことにした。
チェックアウトを済ませ、10時前に駅へ向かった。しかしどうも様子がおかしい。駅周辺に人が誰もいないのだ。いやな予感は的中し、日曜の朝は地下鉄が走ってことを知る。ということはバスもまともに走っていない。終日運休ということはないだろうが待っていられないのでタクシーでバスターミナルへ向かった。
 コパカバーナからセントロへ貫くトンネルを経由し、あっという間にバスターミナルに到着した。タクシー代もそろほど高くない。
写真は関係ないのですが、リオデジャネイロを代表する教会「カンデラリア教会」。
 
photo2 同じくリオデジャネイロを代表する教会「カンデラリア教会」の正面側。
photo3 サンパウロまではたくさんの会社があり、一番安いのは57R(3249円)で、一般的には68R(3876円)が相場のようだ。5分後に出発する安いバスを予約することにした。
 
photo4 バスは安いものでも快適でサンパウロまで所要6時間。途中ドライブインに立ち寄るビュッフェ型式の食事を取ることになった。
 そのままバスは緑豊かな車窓を眺めながら6時間後の夕方5時前にサンパウロに到着。
サンパウロは標高が高いので真夏でもリオのような蒸し暑さはない。

0025. まえだまさとし 2007/02/10_19:38:02
photo1 サンパウロのバスターミナルがあるチエテから地下鉄で東洋人街があるサンジョアキン駅へ向かった。
この界隈は日系人が多く住む地域だ。サンジョアキン駅で下車。
photo2 サンパウロでの宿泊先はペンション荒木。宿泊客は誰もおらず、宿帳を見ても旅行者らしき人は今1人いるだけだ。
photo3 1泊30レアル(1710円)。2泊以上すると1泊25レアル(1425円)になる。部屋は相部屋だが、宿泊客が他にいないのでツインを一人で利用することになった。リオの宿に比べ格段に快適だ。
photo4

0026. まえだまさとし 2007/02/10_19:57:22
photo1 翌日サンパウロの南にある港町、サントスへ向かった。
サンパウロ南部にあるジャバクアラのバスターミナルから1時間半ほどで到着する。途中山岳地帯を経由し、ビーチに面したサントスに到着した。
気候はリオ同様真夏らしい暑さだ。サンパウロから来るとこの暑さが心地よい。
photo2 ビーチを散策。サントスのビーチはけっこう長い。
photo3
photo4 かつてサントスに走っていた路面電車を改造した観光案内所がある。

0027. まえだまさとし 2007/02/10_19:58:11
photo1 その近くに「日系移民ブラジル上陸記念碑」というのがあり、1998年に建立されたものでまだ新しい。サントスは日系移民がブラジルで最初に土を踏んだ場所だ。
photo2
photo3
photo4

0028. まえだまさとし 2007/02/10_20:00:16
photo1 市バスでサントスのセントロに向かった。
サントスのカテドラル。
photo2
photo3 石畳の道路には路面電車の線路が残る。
photo4

0029. まえだまさとし 2007/02/11_19:04:53
photo1 旧コーヒー取引所。
この界隈のコーヒー取引の建物には今も日本の商社が事務所を構えている。
photo2 なじみのあるコーヒーチェーン店があった。
photo3 周辺は石畳の路地が広がり路面電車の線路が残っているのが情緒をかき立てられる。
photo4

0030. まえだまさとし 2007/02/11_19:05:24
photo1 港湾地区
photo2
photo3
photo4

0031. まえだまさとし 2007/02/11_19:07:45
photo1 夕方にはサンパウロのリベルターデへ戻ってきた。この界隈は東洋人街として興味深いエリアだ。東洋人街といっても大半は日系人が住んでいる。そのためこの周辺では日本語で生活することができる。
photo2 街の中の鳥居などわざとらしい雰囲気もあるが、この狭いエリアに日本のすべてを取り込もうとした努力の表れか。
photo3
photo4 世界中探してもカタカナでマクドナルドと書かれた場所は外国ではここ以外にないだろう。
「サンパウロ・リベルターデ店」

0032. まえだまさとし 2007/02/11_19:09:14
photo1 サンパウロは大阪と姉妹都市提携している。そのためこのような「大阪橋」というのが存在する。
photo2 その向こう側に「三重県橋」というのがあったが、こちらの名前の由来は不明だ。僕の地元が三重県なのでとても気になる。
photo3
photo4

0033. まえだまさとし 2007/02/11_19:39:27
photo1 夜歩いてサンバショーが行われるナイトクラブに行ってみた。店の名前は「ア・モレナ・ド・ブラジル」。本当はリオのカーニバルを見たいところだが、無理なのでその雰囲気を少しでも味わえればとこの店に足を運んだ。
営業開始の2時間前に行ったらまだ開いてなかったが、1時間くらい前の8時半に内部へ通してくれた。
photo2
食事はバイキング形式でステーキなどボリュームもあり、デザートも付いている。カンピリーニャを飲んだら公演前によいが回ってきた。
ドリンクなどもすべて込みで料金は94レアル(5358円)。ショーを見るだけならもっと安いはずだ
photo3
photo4

0034. まえだまさとし 2007/02/11_19:41:03
photo1 公演は22時からで最前列を確保できた。派手な衣装にダイナミックなショーが始まった。
photo2
photo3 民族ダンス
photo4 ファイヤーダンス。熱い。

0035. まえだまさとし 2007/02/11_19:42:12
photo1 ランバダの音楽に合わせて踊る男女。
photo2
photo3
photo4

0036. まえだまさとし 2007/02/11_19:44:40
photo1 皿回し。
photo2
photo3 ブラジルの小林幸子か?
photo4 今夜のメインイベント「カーニバルショー」が始まった。

0037. まえだまさとし 2007/02/11_19:46:07
photo1 華やかすぎる。
photo2
photo3
photo4

0038. まえだまさとし 2007/02/11_19:50:10
photo1 しかしショーの終了間際、舞台に引っ張られ一緒に踊らされた。ランバダなら一緒に踊っても良かったのだが。

23時10分に公演は終了。内容の濃い演出だった。


外に出たら雨が降っていた。タクシーで戻ることにした。
photo2
photo3
photo4

0039. まえだまさとし 2007/02/14_11:13:37
photo1 翌朝、レプブリカ広場の方ヘ徒歩で向かった。
セ広場のカテドラル・メトロポリターナが見えてきた。
photo2 リオのカテドラルメトロポリターナは特徴があったが、こちらは普通の形をした教会だ。
photo3 ステンドグラスが美しい。
photo4

0040. まえだまさとし 2007/02/14_11:16:40
photo1 レプブリカ広場周辺。
photo2 セントロの歩行者天国。
photo3 市立劇場
photo4

0041. まえだまさとし 2007/02/14_11:18:53
photo1 高層ビルが林立するサンパウロは南米のニューヨークといわれている。
photo2
photo3 サンパウロの地下鉄。料金は2.3レアル(131円)均一。
photo4

0042. まえだまさとし 2007/02/15_21:13:22
photo1 ブラジルを出発する日。昼食はパウリスタン通りのシャハスコの店に行きました。実際はバイキング形式でたくさんの料理が並び、すべて食べきれない量です。
photo2 この店ではテーブルまで肉を切りに来てくれませんでしたが、ボリュームのある肉料理を堪能しました。
photo3 帰国の途へ。
夜8時前にサンパウロで2泊したペンション荒木を出発した。空港バスに乗るため地下鉄でレプブリカ広場駅に向かった。夜遅いがの治安は悪くない。ここから高い空港バスに乗ることになる。料金は29レアル(1653円)とリオデジャネイロからの半分もする。高すぎる。
 空港バス乗り場前のカフェテリアで余ったレアルを使うことにした。
photo4 アボガドシェイクを注文した。これから長時間の航空移動を控えもし腹をこわしたら最悪だが、自分の腹を信じて賭に出ることにした。これにシャハスコ(焼き肉)のハンバーガーもつけることにした。

0043. まえだまさとし 2007/02/15_21:18:19
photo1 空港まではバスで40分弱。ユナイテッド航空の行列は長くなかったが時間はかかる。
さらに荷物検査場までは長蛇の列。でも進みは速い。
 出発は23:59発だ。無理矢理今日の日付にした時間設定だ。これは客にとってもメリットがある。航空券の有効期間が少しでも長く使えるようになる。
 45分前に搭乗口へ向かった。機内は空いている。0時過ぎに機体は動き出した。夜行便ということで夜中に出される機内食は苦痛だったが、すぐに寝られるのでワシントンまでの所要10時間は短く感じられた。
photo2  ワシントン・ダレス国際空港には現地時間の7時に到着した。到着客が少ない時間帯のためかメインターミナルで入国審査を受けることになった。相変わらず長蛇の列で1時間近く並びすべての手続きは終了した。この行列さえなければアメリカへ来るのが楽しいのに。
写真は早朝のワシントン・ダレス国際空港ターミナルビル。



 
photo3 12:20発の東京行きに乗り込んだ。
偏西風が強いため予想以上に時間がかかるらしい。日中の長時間フライトはしんどい。結局成田までの飛行時間は13時間40分。限界に近いノンストップフライトだ。東京・成田国際空港には午後5時前に到着。サンパウロから30時間の長旅だった。


【おわり】
photo4

旅BBSトップ旅BBS(テキスト版)スレッド一覧