旅BBS (テキスト版)
tabibbs.com
旅BBS(本体) は、 ここをクリック
※このページは、旅BBS『画像掲示板』のテキストページです。 旅BBS『画像掲示板』本体へは、ここをクリックしてお進み下さい。

旅BBSメニュー>海外情報ノート
インドネシア・ジョグジャカルタ 2008.2

0001. 2008/02/10_22:16:31
photo1 5日間の休みでインドネシア・ジョグジャカルタに行ってきました。ジョグジャカルタ(以下ジョグジャ)は、三大仏教遺跡の一つ「ボロブドゥール」、ヒンドゥー教の遺跡「プランバナン」という二つの有名遺跡の拠点となる町。
(写真はボロブドゥールの頂上付近)
photo2 今回の旅のルート。

ガルーダ・インドネシア航空でバリ島・デンパサールへ、そこでジョグジャカルタ行きに乗り継ぐ。
復路はジャカルタ経由。
photo3 午前11時に成田を出発。
乗客のほとんどはバリ島でのリゾートに向かうと思われる。何となく機内の雰囲気もそんな浮かれた感じがして(勝手にそう思っているだけかもしれないが)、どうにも居心地がよくない。

デンパサール・グラライ国際空港には17時20分到着。7日以内の到着ビザを買い(10ドル)、入国手続きを済ませる。
国内線ターミナルに移動してジョグジャへのフライトのチェックイン。この手前でガルーダのチケット売り場があったので、ここで帰国便のリコンファームを済ませることにした。
photo4 日が暮れかかった19時前、ジョグジャへと向かうGA255便に乗り込む。
機内はガラガラで、客席の半分も埋まっていない。

0002. 2008/02/10_22:36:38
photo1 1時間後、バリ島とジャワ島の間には1時間の時差があるので、出発とほぼ同時刻にはジョグジャの街の灯りが見えてくる。
photo2 19時10分、ほぼ定刻通りジョグジャカルタ・アディストジプト空港に到着。

タクシーチケットを買い、市内中心部まで行く。安宿密集地帯ソスロウィジャヤンまで45000ルピア(≒540円)。結構高い。30分ほど。

(1000ルピア≒12円)
photo3
photo4

0003. 2008/02/10_22:47:02
photo1 安宿がたくさん集まるジャラン・ソスロウィジャヤン。
鉄道駅にも近く便利。コンビニ(サークルK)も近い。
photo2 今回泊まった宿、ヌリ・ロスメン。

宿の人も、周辺で1日中暇そうにしている男たちもみな気さくな人ばかりだが・・・
photo3 この3号室には南京虫が生息しているので要注意。

扇風機、水シャワー、トイレ付き1泊35000ルピア。
photo4 インドネシアと言えばこれ、ナシ・ゴレン。

0004. 旅名無しさん 2008/02/16_22:05:27
photo1 滞在2日目、まだ夜も明けぬ4時過ぎ、大音量のアザーンで目を覚ます。そういえばインドネシアはイスラム教の国だったのだと思い出す。
photo2 クラトン(王宮)。

ジャラン・マリオボロを南に真っ直ぐ進むとここにつきあたる。
photo3
photo4 ここを出てから聞いたことだが、チケット売り場周辺にいるガイドはみなボランティアで、お金はかからしい。入る時にはそんなことは知らなかったので、声をかけられ邪険に断ってしまった。

0005. 2008/02/16_22:17:39
photo1 クラトンからの帰りに屋台で食べたもの。
写真を撮っていると、店のおばちゃんが名前を教えてくれたが、忘れてしまった。ナシ何とか。
photo2 2月7日は旧暦の正月、春節。
なぜインドネシアで祝うのかはわからないが、この日は休日になるらしい。街の所々にも中国風の装飾があった。
photo3 ジャラン・マリオボロ。沿道にはバティックのお店や洋服屋などが並びとても賑やか。歩道にもお店が所狭しと並んでいて、ただ歩くのもままならない。
photo4 トゥグ駅に列車が入っていく。

0006. 2008/02/19_22:17:53
photo1 せっかくなのでボロブドゥールで日の出を見たい・・・ということで、早朝5時に出発するサンライズ・ツアーに参加することにする。ボロブドゥールとプランバナンとをあわせて、ツアー代金は60000ルピア。
photo2 ところが、サンライズ・ツアーとは名ばかりで、到着する前に日は昇り、すっかり明るくなってしまう。
到着した時間の午前6時に門が開くということなので、どの道無理な話ということになる。
photo3
photo4

0007. 2008/02/19_22:24:34
photo1 日の出を見ることができなかったのは残念ではあるが、それなりに素晴らしい眺めを見ることができた。

早朝ということでまだ人もそれほど多くなく、そして何といってもちょっと涼しいので、快適に観光できる。
photo2
photo3
photo4

0008. 2008/02/19_22:28:37
photo1 てっぺん。
photo2
photo3
photo4 ちょっかいを出してきた子供たち。左の子供、なぜブーイング・・・

0009. 2008/02/19_22:31:21
photo1 見事な装飾。
photo2
photo3
photo4

0010. 2008/02/19_22:38:54
photo1 ほとんどのストゥーパの中には頭部の無い人物像が。
photo2 数は少ないが、中には頭のあるものも。
photo3 ボロブドゥールの駐車場付近にある食堂で軽い朝食をとった後(ツアー代に含まれる)、9時過ぎにここをはなれる。

5分程離れたところにも、このような小さな寺院遺跡が残っている。
photo4

0011. 2008/02/19_22:41:25
photo1 内部。
photo2
photo3
photo4

0012. 2008/03/01_18:46:48
photo1 一旦ジョグジャに戻り、そのままプランバナンへと向かう。10時50分に到着。
photo2
photo3 このプランバナンはヒンドゥー教の遺跡。
photo4

0013. 2008/03/01_18:51:45
photo1 2006年5月にジャワ島中部を襲った大地震の影響で、寺院周辺はフェンスで囲まれ、中に入って間近で見ることはできない。
あれから3年ほど経っているが、思うように修復が進んでいないようである。
photo2
photo3
photo4

0014. 2008/03/01_18:58:42
photo1 14時前にジョグジャに戻り、宿のすぐ近くまで送ってもらい一休み。
photo2 夕方、お腹も空いてきたので夕食に出る。

ジャラン・マリオボロと線路が交わる所のすぐ横に屋台が集まる場所があり、そこで食べることに。

ミー・アヤムとサテ。

鳥インフルエンザが気になるところではあったが、現地ではそんなことをすっかり忘れ、鶏肉ばかり食べていた。
photo3
photo4

旅BBSトップ旅BBS(テキスト版)スレッド一覧