旅BBS (テキスト版)
tabibbs.com
旅BBS(本体) は、 ここをクリック
※このページは、旅BBS『画像掲示板』のテキストページです。 旅BBS『画像掲示板』本体へは、ここをクリックしてお進み下さい。

旅BBSメニュー>海外情報ノート
赤ちゃんと旅行:フィリピン・マスカラフェスティバル

0001. 旅名無しさん 2008/11/04_23:44:09
photo1 2008年10月フィリピン(タリサイ、バコロド)へ行ってきました。今年5月に生まれた赤ちゃんの初里帰り、カソリックの洗礼と、フィリピン最大規模の祭りマスカラ・フェスティバル(写真)を見に行くためです。
バコロドは、バコロド・シライ市新国際空港がオープンし、日本からもチケット予約が簡単に取れるようになりました。と言っても、日本からの直行便は2008年10月現在なく、マニラ経由となります。
行き帰りの日程は以下の通り。
2008/10/16
  9:30−13:15 成田−マニラ
 16:35−18:00 マニラ−バコロド
2008/10/22
 11:30−12:45 バコロド−マニラ
 14:30−19:55 マニラ−成田
です。荷物もマニラでの受け取りはなく、楽になりました。
photo2 料金ですが、この時期は安く、エコノミーで
大人1人
 チケット代(往復):64000円
 燃油サーチャージ等:25400円
 空港使用料:2040円
 手配料金:460円
赤ちゃん1人
 チケット代(往復):10500円
 航空保険料:2120円
でした。(旅行代理店はH.I.S.利用)
赤ちゃんのチケット代は抱っこした場合の料金です。大人と同じように1シート確保すると大人と同じ料金になるそうです。座席は、赤ちゃんがいる旨告げると、前が壁側の席を優先的に確保してくれます。

写真は、うちの赤ちゃんと友達の赤ちゃん、一緒に洗礼を受けに行きました。
photo3 バコロド市。
マクドナルドの前を走っているのはジプニーと言う乗り合いバスです。マニラのジプニーとはデザインが全然違います。
photo4 ジプニーは元々米軍のジープを改造したものだそうですが、バコロドのジプニーはジープの面影はありません。

0002. 旅蔵 2008/11/05_00:01:19
photo1 マスカラ・フェスティバルのお面が露店に並んでいます。
photo2 バコロドに来たのは、洗礼の後の食事会に招待した親戚、友人への贈り物を買うためです。ここは結婚や洗礼などのお祝い事のギフトショップです。
photo3 写真ボケてますが、この赤ちゃんの人形の贈り物を買うことに決めました。1個5センチぐらいの人形です。写真を持っていくと、写真入りの小さなギフトカードを付けてくれます。1個100円ぐらい。
photo4 こっちは結婚式の贈り物用。カップルの写真入の皿です。他にも、色々な形のキャンドルとかリボンとかありました。

0003. 旅蔵 2008/11/05_00:09:32
photo1 おなかが減ったのでSMモールのジョリビーで食事。ジョリビーはフィリピンのファーストフードです。バコロドはチキンが最高。
photo2 SMモールでマスカラフェスティバルを祝う垂れ幕。
photo3 SMモールの中。
photo4 SMモールをあとに。

0004. 旅蔵 2008/11/06_21:22:51
photo1 マスカラフェスティバルを見に行くことになりました。すごい人だかりであります。
photo2 こんな感じでメーキャップしたダンスのグループが延々と踊りながらやって来ます。
photo3 写真にはありませんが、大きな祭りだけに外国人やフィリピンの有名人の観光客がいっぱい来ていました。もしいつか見に行くなら、早いうちから航空券とホテルの予約が必要です。フェスティバルは毎年10月1ヶ月近くやっていますが、ピークは例年第3週あたりの土日。
photo4 しかし暑い。ただでさえ暑いのですごい人だかりで暑い。

0005. 旅蔵 2008/11/06_21:31:15
photo1 次のダンスチームが来ました。手前の垂れ幕にあるGlobeはスポンサーのフィリピンの携帯電話の会社です。
photo2 最近は夜にエレトリカル・パレードもやってるとか。私は疲れたので行きませんでしたが。
photo3
photo4

0006. 旅蔵 2008/11/06_21:46:47
photo1 この辺りはメイン会場手前だそうで、少し気を抜いているそうです。
photo2
photo3
photo4

0007. 旅蔵 2008/11/06_22:02:16
photo1 マスカラフェスティバルの風景
photo2
photo3
photo4

0008. 旅蔵 2008/11/06_22:05:52
photo1 大スピーカーで大音響でやります。
photo2
photo3
photo4

0009. 旅蔵 2008/11/06_22:11:50
photo1 お面が売ってます。日本のアニメのお面を売ってる店もありました。
photo2 休憩中の皆さん
photo3 カメラを向けると目線を合わせてくれます。
photo4

0010. 旅蔵 2008/11/12_21:32:38
photo1 赤ちゃんの洗礼を受ける日。カソリックの教会。
photo2 教会の中。親子三人。
photo3
photo4 洗礼の後、牧師さんと記念撮影。教会の中は扇風機をぐるんぐるん回していましたが、暑かった・・・

0011. 旅蔵 2008/11/12_21:50:24
photo1 洗礼の後は、我が家のジプニーで食事会へと移動。
photo2 バイキング形式の食事会です。手前はブタの丸焼き。卵と魚の中華風スープがおいしかった。
photo3 ここで、ちょっとフィリピンの子供を紹介します。左がイナ、嫁さんの叔母の子供です。美人です。0歳の頃から私のガールフレンドです。生まれた頃は、嫁さんよりむしろ彼女に会いに行ってたかもしれません。右はカンカン。嫁の妹の子供です。日本へ連れて帰りらいぐらいかわいいです。
photo4 カンカンの弟アールアールです。生後2週間。日本だと生後3ヶ月は外に出さないこと!なんて言う常識がありますが、フィリピンは関係ありません。あちこち一緒に連れて行きます。こうやって強い遺伝子の人間だけが残っていくのかも知れません。

0012. 旅蔵 2008/11/25_22:48:42
photo1 宿で一休み。
泊まったホテルは、K’Mas(キーマス)ホテル。セミダブルベッド、エアコン有、ホットシャワー無でだいたい1泊600ペソ。マスカラフェスティバルの時期は予約が取れないんですが、キャンセルがでて助かりました。
photo2 キーマス・ホテルの隣には、ロビンソンという大きなデパートがあります。ここで食事をしていたら、私達の披露宴でMCをやってくれた人が、マスカラフェスティバル関係のイベントの司会をやっていました。
photo3 嫁の叔父さんの恋人の家で、うちの昼間に洗礼に来てくれた人達と食事会。
因みにここの言語はイロンゴ語。フィリピンの公用語はタガログ語が知られていますが、実はフィリピンはアジアの合衆国で、言語は100種類以上あり、タガログ語と英語は勉強して覚える言語なのです。
photo4 一日おいてビーチに行きました。
ローカルビーチなので外国人は見当たりません。というか、我々家族だけ。
写真でこっちを向いている女の子は、姪のコリーン。

0013. 旅蔵 2008/11/26_00:02:56
photo1 実はここへ来た理由はビーチ以外にビジネスの話がありました。フィリピン人と外国人との結婚と言うと、金のためというのが日本、フィリピン共に一般的な考えで、結婚後、フィリピンの家族へ送金というのが普通になっています。私の場合、送金しないと言う条件で結婚したので、基本的には送金していませんが、本当にお金が無く、病気で家族が入院したりしたときは、どうしても必要なので一時金は送っていました。しかし、こんな事を続けていても抜本的な解決にはならないことはわかっていて、辿り着いたのがお金を出資して家族に働いてもらい、利益の一部を得るという、言わばオーナービジネスです。最近は、フェアリートレードと言う用語も耳にしますが、それの家族版みたいなものです。上手く行ったら、これからの貧国の者との結婚の一つのスタイルとして提示したいと思っています。但し、今回のビジネスの話はやらないことにしました。
photo2 今回のビジネスは魚の養殖です。
前にフィリピンで海老の養殖の出資者を募った詐欺事件がありましたが、それの魚版です。実際のところ、養殖のイケスは出資者を募るほど沢山はありません。一つのイケスは200万ぐらいでオーナー利益は30万円ぐらいと見積もりました。上手く行けば大体7年ぐらいで元が取れますが、台風などで育てている稚魚が海へ逃げたりすると、売り上げが減ります。
これが僕が調べた現状です。参考になる人がいたら参考にしてください。
photo3 家族との再会・団欒、観光、洗礼、ビジネスの話と色々忙しい一週間でしたが、仕事があるので嫁を残して一足お先に帰国です。後ろにシライ山が見えます。
人に大らかな国から人に厳しい国へ帰ります。
【終わり】
photo4

旅BBSトップ旅BBS(テキスト版)スレッド一覧