旅BBS (テキスト版)
tabibbs.com
旅BBS(本体) は、 ここをクリック
※このページは、旅BBS『画像掲示板』のテキストページです。 旅BBS『画像掲示板』本体へは、ここをクリックしてお進み下さい。

旅BBSメニュー>海外情報ノート
2011年のカウントダウンに向けて

0001. まえだまさとし 2010/12/20_11:17:19
photo1 ここのところアフリカ南部・カリブ海とずっと旅行をしているが、今度は年末にかけて東南アジアに向かおうと思います。
今回初めて10月に運用が開始された羽田空港新国際線ターミナルを利用しようと思う。
photo2 従来から羽田空港に国際線ターミナルはあったが、台北からの中華航空やソウルなど近隣へのアジア諸国チャーター便のみの運用であまり実用性はなかったのだ。今回それらの国際線ターミナルビルは廃止され、新た本格的な国際線ターミナルが完成することになった。
 とはいえ出発便の目的地は当分の間限られ、便数も多くないのでこじんまりとしたコンパクトなターミナルビルだ。でも長距離路線に対応した充実した設備を備えているので本格的な国際空港として利用しやすくなった。
 また羽田空港は国際的なハブ空港としての競争力はないが、都民にとって使い勝手のいい新しい便利な空港ができた感じで今後重宝しそうだ。



【12月19日(日)】
photo3 品川を経て京急で羽田空港国際線ターミナルへ向かった。国際線ターミナルビル駅は国内線ターミナル駅の手前に新設された。始発ではないので帰りは座れない可能性はあるのが難点だろうか。
photo4  京急は地下の駅があるフロアから出発ロビーまではエスカレーター1本で繋がっていてずいぶん便利だ。モノレールはエスカレーターすらない作りになっているらしく、ずいぶん機能的な設計になっている。

0002. まえだまさとし 2010/12/20_11:18:03
photo1  チェックインカウンターは数は多くないので自分の航空会社の場所を探すのも簡単だ。
photo2
photo3
photo4

0003. まえだまさとし 2010/12/20_11:20:00
photo1 搭乗手続きを済ませたあと、土産物屋や飲食店が並ぶフロアに行ってみた。

江戸の町並みをイメージしているようで外国人受けは良さそうだ。しかし深夜で飲食店以外はすべてしまっていた。国際線ターミナルでは遅い時間帯が稼ぎ時だと思うが残念だ。
photo2
photo3  出国審査場には成田空港同様自動化ゲートが設置されているので混雑時に有効に使えそうだ。ANAラウンジはコンパクトだがマッサージ器など成田と同じ設備がすべてそろっている。
photo4 シャワーも成田に比べ少し狭いが機能的で快適だ。


食事関係は時間的かもしれないが、スープやおかず、おにぎりやサンドウィッチなど種類も豊富だ。ただ出発便が集中するこの時間帯はラウンジ内は混雑が激しく座る場所が少ない。
 

0004. まえだまさとし 2010/12/20_11:22:21
photo1 タイ国際航空バンコク行き。


ターミナルのボーディングブリッジはすでに足りないようでランプバスで駐機場に向かった。

後方には国際線ターミナルビル。
photo2 搭乗する機体は羽田空港への運行を機に導入された最新鋭のA340−500型機だ。
photo3
photo4

0005. まえだまさとし 2010/12/20_11:25:14
photo1 機内に乗り込み、席に着いた。しかしシートの様子が違うことに気づいた。
 シートピッチはかなり広くテーブルはすべて肘掛けに収納されている。
photo2 エコノミーより豪華だがビジネスクラスに比べればしょぼい中途半端なシートだ。プレミアムエコノミーというのが全日空にあるがまさにあんな感じだ。リクライニングの角度はたいしたことないがレッグレストがついている。またコンセントもあるのでパソコンの充電も可能だ。
photo3 最初羽田便のエコノミーはすべてこのタイプのシートなのかと思ったが後方のブースは従来のエコノミーの(窮屈な)シートになっている。

ちなみに座席配置は後方は2+4+2なのに僕が座ることになったのは2+3+2となっている。そのためスペースにかなり余裕がある。そう考えると確実にエコノミーとは差別化されたシードだ。にもかかわらず6万円ほどの格安料金で利用しているのでたまたま運良くこのシートになっただけかもしれない。航空運賃はスペースの広さに比例していると考えているので得した気分だ。国内線の短時間ではなくそれなりの時間乗ることになるのでゆったりとしたシートはありがたい。
photo4 帰国時もこの機材を利用することになるので帰国までにこのクラスはなんなのか調べようと思う。とにかくバンコクまでの移動が快適で満足度が高く、出発から気分がいい。

0006. まえだまさとし 2010/12/22_20:38:23
photo1 【12月20日(月)】

夜行便ということで時間が経つのは早い。出発直後におにぎり、そして到着前にはまともの朝食が出た。
photo2 出発直後におにぎり、そして到着前にはまともの朝食が出た。
photo3 夜明け前の現地時間5時前にはバンコクに到着した。
 市内へ向かうエアポートリンク(市内への鉄道)は6時から運行開始なのでしばらく待つことになった。

エアポートリンクは電子トークンと自動改札が導入され、暫定的に使用されていた紙のチケットはなくなったようだ。にもかかわらず値段は15バーツと据え置きだが今後値上げされる可能性はある。

しかしエアポートリンクもBTSもラッシュですごい人だ。向かった先はBTSのプロンポン駅。
 
photo4 気温24度。今のバンコクは一年で一番さわやかな季節だ。明け方は寒さを感じるくらい冷え込むので長袖を見ている人も多く見られる。

0007. まえだまさとし 2010/12/22_20:39:37
photo1 朝靄にかすむ「バイヨーク・スカイ・ホテル」
photo2
photo3
photo4

0008. まえだまさとし 2010/12/24_15:11:00
photo1 向かった先はプロンポン駅に直結した「エンポリウム・スイーツ」。サービスアパートメントだ。
photo2
photo3 高級ブランドのテナントが入居するショッピングモールのエンポリウムの上層階がサービスアパートメントになっている。

しかし最近バンコクにはサヤームパラゴンなど新しいショッピングモールが続々オープンしている。

かつて高級ブランドモールの代名詞だったエンポリウムは時間の経過とともに少し手狭で斬新さにかける。
もはや過去の高級ショッピングモールとなりつつある。
photo4

0009. まえだまさとし 2010/12/24_15:19:25
photo1 30階以上が客室になる。
photo2 客室からの眺め。
スクンビット通りを西へ。
photo3 部屋はコンパクトにまとめられている割が、スイーツという割にはあまり広くない。
photo4 浴室はこのクラスの宿だとセパレートシャワーブースが一般的なのにユニットバスだった。設備全体に老朽化を感じてしまう。

とはいえエンポリウムの利便性とネームバリューは最高なので一度はここに泊る価値はある。

0010. まえだまさとし 2010/12/24_15:23:42
photo1  タニヤの気になる店に行くことにした。

この界隈は日本語の看板があふれる。
photo2 向かった先は吉野家を真似した牛どん屋だ。その名も「牛野屋」。前からあるとは聞いていたが実際店に入ってみようと思ったの初めてだ。今回訪問してみることにした。
photo3 「牛野屋」は「ギュウノヤ」と読むが「ウシノヤ」や読むこともできる。発音的にパクりであるのはいうまでもないが、味はどうなのか。豚丼を注文してみた。値段は80バーツとけっこうする。牛どんはさらに値段が張る。みそ汁は20バーツだ。それ以外にもメニューは豊富でちょっとした日本食のファーストフードといった感じだ。
photo4 店内もそっくりだ。

 バンコクにはかつて本物の吉野家が存在したことがある。しかしそのの吉野家は本家にもかかわらずみそ汁がなく、牛どんと一緒にオレンジジュースを頼んだ記憶がある。もう10年以上前の話だが、あの牛どん屋に比べれば偽物とはいえ、牛野屋の味はなかなかだ。店内の日本語表示もちゃんとしているのでおそらく日本人が経営に深く関わっているのだろう。

0011. まえだまさとし 2010/12/24_15:32:17
photo1 【12月23日(金)】

 旅先で毎日ダラダラできる気にさせてくれる唯一の場所がタイでありバンコクだ。言葉に表せない居心地の良さ。今回も何もしない日が3日続いてしまった。
 何もしない日が4日も続くとさすがにこのペースにはまってしまい取り返しがつかなくなる危うさも感じる。とりあえず移動だ。

 しかし腰が痛く体が重い。
photo2 今回は年末にかけてマレー半島を南下する予定で本来なら列車でタイ南部へ南下する予定だった。

そのために駅前のステーションホテルに移動してきたのだ。

しかし年末でハイシーズンのこの時期、寝台は当分の間満席で列車での移動は断念することになった。
photo3 ホアランポーン駅。


駅を目の前にしてここに来た意味がなくなった。
photo4 駅前のステーションホテル。
宿周辺には屋台街が広がり何をするにも居心地がいい。地下鉄が出来てからいっそう利便性がよくなったが、いつ再開発の波にのまれるのか心配でならない。

0012. まえだまさとし 2010/12/24_15:38:36
photo1  南部への移動はかなり長距離になるが夜行バスに乗るほど昼間の時間を有効に使いたいとも思わず、それほど高くない宿代をケチりたいとも思わない。

そんなわけで昼間のバスに乗ることにした。

目的地はアンダマン海沿いのラノーン。
photo2  南バスターミナルは四方にあるバンコクのバスターミナルで一番場所がわかりづらく、中心部から遠いので利用しづらい。この地の利の悪さが旅行者を鉄道へと向けさせているのだろう。おかげで北部に比べ南部の鉄道は予約が取りにくい。そんな不便なバスターミナルは3年前さらに遠くへ移転してしまいその不便さに拍車がかかった。
 今回その新しい南バスターミナル(サーイ・ターイ)を初めて利用することになる。


ホアランポーン駅からタクシーで南バスターミナルへ向かった。
photo3 途中渋滞はなく、BTSの延伸工事が平行して行われていたのでバスターミナルまで繋がるのかと思ったら途中でとぎれていた。開通はまだ先になりそうだ。
photo4 かなりの距離を走りショッピングモールを備えた近代的なバスターミナルに到着した。

ホアランポーン駅からタクシーで141バーツと空港とまではいかないがかなり費用もかかる。

0013. まえだまさとし 2010/12/24_15:43:39
photo1 ラノーンはミャンマーと隣接する国境の町だ。

しかし次のバスまで2時間待つことになった。


 
photo2 13時30分発。バンコク南バスターミナル発。
ラノーンまでは335バーツだ。1000円弱。
photo3 しかしラノーンまでは時間がかかった。

プラチャップリキカンやチュンポンなど中核都市を経由し、途中立っている客もいる状態でラノーンには日付の変わった0時半に到着した。昼間のバスで所要10時間はきつい。
photo4 人気のない真っ暗なラノーンのバスターミナルに到着。

近くにゲストハウスがあるのでそこに泊ることにした。出発するときも便利だ。しかし値段は250バーツで共同の水シャワーだ。バンコクなど北部に比べ物価が高いのか、それともこのゲストハウスが単に高いのか。いずれにせよこの時間ここ以外に選択枠はない。

0014. まえだまさとし 2010/12/24_15:45:37
photo1 宿周辺は深夜にもかかわらず何軒か店が開いていた。


たとえ地方でも時間を気にせず何かしら食事をとることができるのがタイのいいところだ。しかし入った店はずいぶん値が張ったがそれなりに満足のいく盛りつけだった。計125バーツ。
photo2 食事を取りそのまま就寝。
バスの中であれだけ寝たのによく眠れる。
photo3
photo4

0015. まえだまさとし 2010/12/25_21:57:35
photo1 【12月24日(金)】

宿泊しているKIWI ORCHID & PL ゲストハウス。
 
photo2
photo3 ミャンマー国境にも近いラノーン。

午前中は町の中心部に食事を食べに行った。
photo4 町中ではビルマ文字を目にすることも。

0016. まえだまさとし 2010/12/25_22:01:30
photo1 ラノーンは温泉の町だ。

温泉施設が建ち並ぶエリアへ歩いていってみた。そこはボー・ナム・ローン温泉といい少し幹線道路からはずれた場所に源泉があり、河原沿いからは至る所で湯気が上がり、温泉地の情緒をかき立てられる。
photo2
photo3 温泉施設は充実しているが無料で利用できる浴槽や足湯が整備されている。
photo4 また温泉の記念碑があり、石灰を模した柱の中からお湯があふれ出ていた。
 温泉といえば北部チェンマイ郊外のサンカムペーン温泉に行ったことがあるが、ここでは勢いよく吹き出す間欠泉はない。また強い硫黄臭もなく普通のお湯といった感じだ。こじんまりとした印象だがその分観光客も少なく、落ち着いた雰囲気でくつろげる。でもお湯を交換したばかりで温度が熱すぎて足を浸けることも出来ず、くつろげなかった。

0017. まえだまさとし 2010/12/25_22:06:26
photo1  日差しが若干弱まる午後3時過ぎ、ラノーンの南に13キロ行ったところにある別の「ポーン・ラン温泉」に行くことにした。
photo2 途中までソンテウ(トラックを改造した乗り合いバス)で向かい、そこから最後の約2キロは歩いて向かうことになる。
photo3 温泉へは一本道で交通量は少ないがたまたま通りかかったバンコクからのOL3人組の車にヒッチハイクさせてもらうことができた。彼女たちは4日間の休暇を利用して旅行に来たらしい。
 ポーン・ラン温泉の入場料は100バーツ(270円)だ。タイ人は20バーツだった。タイの観光地ではまだまだ外国人料金が多く残されている。こればかりは仕方ない。とはいえ車を持っている彼女たちの方が裕福そうに見えるのだが。
 
ここが温泉の入り口。
photo4 川原沿いに温泉が広がっている。

0018. まえだまさとし 2010/12/25_22:08:13
photo1 この中が源泉で周辺の浴槽にお湯を引いている。でもちょっとぬるめだ。
photo2
photo3
photo4

0019. まえだまさとし 2010/12/25_22:12:30
photo1 温泉は水着着用なので温水プールのような感じだ。

ポーン・ラン温泉は二つの大きな浴槽があり、熱いお湯とぬるいお湯の浴槽に分かれている。熱いお湯の浴槽は小さいが、タイ人は熱いお湯に入らないので空いている。

硫黄臭はなく、普通のお湯といった感じだ。
 
photo2 二つの浴槽を挟んで小川が流れているが、川の中は水風呂として入ることができる。
photo3 この川には魚が泳いでいる。魚が住めるほど硫黄分は少ないということだろう。水の中に入ると魚が体をつついてくる。

どうやら僕の靴擦れを起こした足に反応してくるようで足のむけた皮を魚に全部食べられてしまった。最近タイでよく見かけるフィッシュマッサージというのがあるが、まさにあれだ。

バンコクだと15分で150バーツと結構高いがここだと無料だ。
しかも天然の魚に全身をつつかれるので気持ちいい。ここでフィッシュマッサージを経験してしまうとバンコクお金を出してやろうとは思わなくなるだろう。
photo4

0020. まえだまさとし 2010/12/25_22:15:38
photo1  夕方、宿の近くにナイトマーケットがあり、ここで買い食いをすることにした。
ここでもカブトガニを発見。
photo2
photo3 怪しい寿司屋で握りを買ってみた。一つ10バーツ(27円)。
photo4 年季の入ったホンダの軽トラが屋台に使われていた。。

0021. まえだまさとし 2010/12/26_22:33:03
photo1 【12月25日(土)】

今日はラノーンから南部のトランへ向かう。

ダイレクトのバスは見つけるのが難しいのでスラーターニでミニバスを乗り継ぐことにした。値段は少し高めだが少人数なので客の乗り降りも少なく、スピードも出るので所要時間は短くてすむ。
photo2  ラノーンを出たのは8時でスラーターニには3時間で到着した

スラーターニで昼食
ガッパオ。
photo3 スラーターニでトラン行きのミニバスに乗り換えるのだが、どうやらボッタくられた気がする。旅行会社のような場所でミニバスのチケットを購入したのだが、距離の割に100バーツほど高く感じ、レシートは乗車する前に他の乗客にわからないように(旅行会社の人に)回収されてしまった。なので運転手はこの行いを把握していないだろう。
 スラーターニは旅行者にとって魔の交差点だということを忘れていた。バンコクから来た旅行者がサムイ島やクラビー、プーケットなど各地へ分散する拠点になり、バンコク以外からの旅行者もスラーターニを拠点に大移動する。外国人旅行者にとってスラーターニは南部の一大拠点だ。そこでまんまとはめられた。
photo4 100バーツ(270円)くらいぼられただろうか。僕が高いと思ったにもかかわらずそのままお金を払ってしまったのがいけなかった。他の旅行代理店を探すなりバスターミナルの案内所に行くなり対策はあったにもかかわらず、それを怠ったのがいけない。

とにかく南部で旅行会社が絡む場合は今後も注意が必要だ。

 トランには3時間弱で到着した。市内のランドマークである時計台でミニバスを降りた。

0022. まえだまさとし 2010/12/26_22:43:28
photo1 トランでは1泊220バーツのKoh Teng ホテルに泊ることにした。旅社風だが外国人旅行者向けのミニバスも扱っている。
photo2 夕方駅前に行ったらマレーシア料理の肉骨茶(バクテ)を発見した。イスラム教徒が多いトランはもうマレーシア文化圏ということか。
頭にチャドルを巻いた女性も多く見かける。
photo3
photo4

0023. まえだまさとし 2010/12/26_22:47:45
photo1 華僑系の建物を行き交うチャドルを巻いたイスラム教徒の女性たち。
photo2 トランでは年季の入ったトゥクトゥクが多い。
photo3
photo4

0024. まえだまさとし 2010/12/27_16:07:07
photo1 【12月26日(日)】
 タイ南部など美しい海岸沿いの地域を旅するとき、この近くに手つかずの美しいビーチがあるんじゃないかと常に期待感を持ってしまう。しかし実際は行ってみると何の変哲もないビーチの場合が多く、ガッカリすることも多い。そもそもそんな素晴らしいビーチがあればとっくの昔に開発されてしまっているか、近づくのが極めて困難で不便な場所になるだろう。町から日帰りで気軽に訪れることができる場所にあるビーチに手つかずの素朴さを期待するのは幻想でしかない。それはわかっているが、もしかしたら美しいビーチがあるんじゃないか。
 そんな幻想は拭い去ることはできない。そして今回もその幻想に誘われビーチを目指すことにした。
 
photo2 向かう先はパークメンビーチ。しかし人が集まらずミニバスが出発できない。ビーチに行くのは一旦あきらめた。

午前中はバスターミナルへ明日のサトゥンへのバスの時間を確認に向かった。サトゥン行きは本数が限られるが、7時半にあるようだ。また値段もミニバスよりかなり安くすむ。
 バスターミナルの近くに大型モールのロビンソンがあり、ショッピングモール内はバンコクと同様でタイの辺境の地にいることを忘れさせる。
photo3  ここからバイクタクシーで中心部に戻った。しかし今日することがないので再びパークメンビーチ行きのみにバス乗り場に行ってみた。すると今度は何人か集まっていて10分後に出発するようなので乗ることにした。
 トランから西へ30分ほど走った場所にあるパークメンビーチ。懲りずにビーチに対する幻想を抱き目的地を目指す。そして日差しが照りつける中パークメンビーチの海辺が見えてきた。
photo4 前方には奇岩がそびえ雰囲気が良さそうだ。しかしビーチは汚かった。

0025. まえだまさとし 2010/12/27_16:08:37
photo1  ビーチ沿いには食堂が並んでいるがどこもタイ人相手の店で英語の看板も英語のメニューもない店が大半だ。
photo2 ビーチ沿いでこれだけ英語表記が少ない場所は初めてだ。ローカルな雰囲気が漂う点ではのんびりできて居心地は悪くない。
 船で少し行ったところにはもっときれいなビーチがある島がある。

 パークメンビーチは砂浜の汚さに目をつぶれば今まで来たタイのビーチでもっともローカルな雰囲気が漂って居心地はいい。とはいえビーチは砂がすべてと言っても過言ではない。しかしこの汚いビーチに白人が全くいないことに白人のしたたかさを感じる。
photo3
photo4

0026. まえだまさとし 2010/12/27_16:10:27
photo1  この界隈にはイスラム教徒が多く、物売りのおばさんも頭にチャドルをかぶっている。雰囲気的にはマレーシアのビーチといった感じだ。みんな会話はタイ語なのでなんか不思議な感じがする。南部タイのイスラムを感じるのは初めてで新鮮な感じだ。
photo2  タイ南部ではイスラム教徒による公的機関をねらったテロなど暗いニュースが多い。外国人が直接的な被害にあることは少ないが緊張感がある場所にかわりはない。そのような場所だからこそ実際訪問して現地の風習を感じ、人々と接する必要がある。実際チャドルをかぶった女性がいる以外に別の地域との違いはほとんどなく、マーケットなどでは宗教に関係なくやりとりが行われている。こういう好奇な見方をしている僕が現地の人にとって失礼なのかもしれない。とにかくタイのイスラム教徒が危険だという認識を拭い去るためにも南部を訪問する必要があった。そういう意味でトランや明日向かうサトゥンなどを訪問するのは今までにないタイでの初めての経験となる。
photo3
photo4

0027. まえだまさとし 2010/12/27_16:13:44
photo1  ビーチで食事をして昼過ぎにはトランに戻ろうとしたが、また人が集まらずいつ出発するかわからない。でも今日中に戻ればいいので気楽なものだ。近くの食堂で出発を待つことにした。出発までビールを飲みながらビーチを眺めのんびり過ごす。
photo2
photo3 シーフードサラダは具盛りだくさん。100バーツ(270円)
photo4

0028. まえだまさとし 2010/12/27_16:14:24
photo1 30分ほどたった頃、ミニバスが出発するらしいトランへ戻ることになった。
photo2
photo3
photo4

0029. まえだまさとし 2010/12/27_16:17:13
photo1 夕暮れのトラン。イスラム教徒が多いのに豚の丸焼きを売る店が多い。
photo2 町のシンボル時計塔。この先でナイトマーケットが開かれている。
photo3 この夜はここで買い込み夕食をすませることにした。
photo4 何もないタイの町ではナイトマーケットと寺院見学くらいしかすることがない。

0030. まえだまさとし 2010/12/28_22:08:59
photo1 【12月27日(月)】


 7時半のバスに乗るため、今回の旅で初めて目覚まし時計をセットした。いままで起きた時間に行動を開始していたので目覚ましなど必要なかったのだ。
 6時に起床して近くのマーケットの食堂で食事を済ませた。マーケットは6時前からにぎやかだ。そしてバイクタクシーでバスターミナルへ向かった。
photo2  7時半にバスがあると聞いていたが、バスターミナルに到着したらトゥクトゥクの運転手がここからバスは出ないと言ってきた。確かにバスは停まっていない。
 昨日わざわざ確認に来た意味がない。まったくタイの地方の中距離バスは訳がわからない。

 運転手に言われるがままにトゥクトゥクに乗せられ連れて行かれた場所はホテルのそばの時計塔の横だった。その近くにバス停がありここで待っていたらバスが来るとのことだ。

 朝っぱらから無駄な動きをしてしまった。しかし本当ここに来るのか怪しい。7時に来ると言っているが8時まで待ってこなかったらハジャイ経由のミニバスでサトゥンへ向かおう。
photo3  30分して本当にバスが来た。トゥクトゥクの運転手には感謝したい。
 サトゥンまでは田舎道を3時間。田舎道といっても時折片側2車線の田舎とは思えない広い道路を走りゆく。
photo4  サトゥンではバスを降りたすぐ近くにサトゥンターニという安宿があり、他に選択枠はないのでここに泊ることにした。部屋は広々として風通しもよく居心地は良さそうだ。従業員もフレンドリーで話しやすい。

 1泊220バーツでWi−Fi無料だ。

0031. まえだまさとし 2010/12/28_22:11:16
photo1  マレーシア国境に近いサトゥン。

 町の中心部は閑散とした印象だ。にぎやかな一角がなく、どこが繁華街なのかいまいちわからない。平日の昼間だというのにシャッターの閉まった店舗や空き家などこの町では国境のにぎやかさは感じられない。やはりイスラム系住民組織によるテロで町は疲弊しているのだろうか。
photo2  町はそれほど大きくなく、少しはずれには川がありその向こうにはジャングルが広がっている。
photo3 また町のすぐそばにも奇岩があったりして独特の雰囲気がある町だ。
photo4

0032. まえだまさとし 2010/12/28_22:14:08
photo1  町の中心には立派なモスクがそびえ立ち、威厳を放っている。しかしそれに反するように町には活気がない。
 住民の大半はイスラム教徒で食堂や屋台で売られている食べ物もマレーシア風のカレーをベースにしたものが多い。
photo2 少し離れた場所には仏教寺院も共存する。
photo3  町中に見所的なものはなく、ネットカフェを探してみたが見つからない。この町にはセブンイレブン以外先進的な店は存在しないような感じだ。

 退屈な町に滞在してしまったことを少し後悔しつつ宿に戻った。宿で近くにインターネットはないのか聞いてみたらこの宿がWi−Fi無料だとのこと。安旅社にしては気が利く。

 午後は歩き回るのも疲れるので宿でくつろぐことにした。屋上には洗濯も干せるし至れり尽くせりだ。
photo4  夜は近くでナイトマーケットが開かれる。それくらいしかこの町に滞在する意味がない。しかし一本道のコンパクトなナイトマーケットだ。

0033. まえだまさとし 2010/12/28_22:23:43
photo1 【12月28日(火)】

 8時半過ぎにサトゥンの南にあるトゥクマラン桟橋に向かった。ここからマレーシアへの船が出ている。

 トゥクマランまでのソンテウ乗り場に向かったが、人が集まらないと出発しないのか車の姿はない。しかたなくバイクタクシーで向かった。今日は雲が多い天気で途中小雨が降り出してきた。バイクだと雨は辛い。
 タイを旅行していて南に下るにつれ雲が多いと感じてきたが、マレーシアに入ると完全に青い空は期待できない。ただその分暑さは和らぐので歩き回る旅行はしやすくなる。
photo2  約15分ほど走りトゥクマランの桟橋に到着した。桟橋にはしっかりとしたターミナルビルがあり、レストランなども完備している。たまたまランカウイ島行きの船が発着する時間帯だったからか人でにぎわっていた。この桟橋はランカウイ島のためにあるといっても過言ではない感じだ。
 僕の目的地はランカウイ島ではなくマレーシア半島西岸のクアラプルリスだ。クアラプルリスへの切符売り場はターミナルにはなく、船頭から直接切符を買ってから出国審査を受けることになる。しかし肝心のクアラプルリス行きの船も船頭も見あたらない。
photo3  クアラプルリスへ行こうとする客がどのくらいいるのか。限りなく少ないことだけは理解できた。しばらくしてチケットを買うことができ出国審査をすませた。しかし船は10人集まらないと出ないらしい。現時点でまだ4人。今日中には出ると思うが長期戦になりそうだ。
 情報では人が集まり次第出発するとのことだが、このペースだと一日一往復がいいところだろう。

 港周辺を行き来する船は多いがすべて周辺の水上集落の住民のようだ。
photo4  タイ南部はミニバスといい人の移動が少ないのかなかなか人が集まらない。定期的に運行されている交通機関は極めて少なく、アフリカみたいだと今回初めて思い知らされた。今まであまり気にならなかったのは極端な僻地の区間移動をしなかったからだろう。

0034. まえだまさとし 2010/12/28_22:25:01
photo1  12時前になって船に荷物の積み込みが始まりやっとエンジンがかかった。
photo2 この船でクアラプルリスへ向かう。国際航路とは思えないボロ船だ。
photo3
photo4

0035. まえだまさとし 2010/12/28_22:30:37
photo1 12時15分に一旦出航したがマレーシアとは逆の方向に向かいだした。
どうなっているんだ。
photo2 川の上流の水上集落に何か届けたらしく、再び桟橋に戻ってきた。無駄な動きをとるのはアフリカを思い出す。

 アフリカの非効率さに対する理解が残っているのでこの程度ではイライラしなくなってきた。

 そのままマレーシアに向かった。
photo3  約1時間後、クアラプルリスの町が見え、もうすぐ到着だという時、エンジンが止ってしまった。海の真ん中で漂流は勘弁してもらいたい。


 大丈夫なのか聞いたら船頭は大丈夫だというが、エンジンを解体してなにやら調べ始めた。

 
photo4 もう目的地は見えているので何とかなるだろうという安心感があり、気長に待つことにした。しばらくすると再びエンジンがかかったので大丈夫だったようだ。


気を取り直して出発。後方がクアラプルリスの町。

0036. まえだまさとし 2010/12/28_22:36:11
photo1  トゥクマランを出て1時間後の午後1時半にクアラプルリス港に入港した。
photo2 タイとマレーシアには時差があり、1時間早くなるのでもう午後2時半だ。ここまでたいした移動ではないのにずいぶん時間がかかってしまった。このままペナンに向かうと結構遅い時間になってしまうがしかたない。
photo3  マレーシアにはATMが少ないのか港からバスターミナルに行く途中に両替商もなかった。マレーシアリンギットが手に入らないままバスターミナルに来てしまい、切符売り場では外貨が使えないので切符も買えず困ったことになった。
 タイではガソリンスタンドやバスターミナルには必ずATMがあったが、マレーシアでは全く見かけない。あるところにはあるのだろうが、数が極端に少ないようだ。ここがクアラプルリスという辺境の地だからか。しかしランカウイへの基点になる町なのでそれほどローカルでもないはずだ。

 いずれにせよ町の中心部まで行く気になれず、お金がないままバタワース行きのバスが来たのでそのまま乗り込んだ。こちらは無賃乗車をするつもりはなく、最悪ドルを押しつければいい。お金はある。
photo4  3時半にクアラプルリスを出発。マレーシアのバスはワンマンバスでお金を払うタイミングがわからない。アロースターまでに寄った後高速を使ってバタワースには5時半に到着した。そのままバスを降りてしまいお金は結局払う機会がなかった。マレーシアのバスはよくわからない。結局結局一文無しでペナンの対岸まで来てしまった。
 バタワースのバスターミナルはゴミゴミしていて発展途上国を感じさせる。そしてこのバスターミナルにもATMがあるような雰囲気はない。両替商もない。現金が手に入らないことには全く身動きができず困ってしまう。さすがに駅には両替屋くらいあるだろうと思いいってみた。明後日の切符も買っておきたい。

0037. まえだまさとし 2010/12/28_22:41:33
photo1  バタワース駅構内にもATMはなかった。両替商はあったが日本円のレートはとても悪い。しかしドルはあまり持っていないので両替は控えたい。結果として1万円の両替に千円くらい損をすることになった。
 でも現金を手に入れ、クアラルンプールへの寝台車のチケットも確保できたので急に肩の荷が下りた。後はのんびりペナン島へ渡るだけだ。
photo2 フェリーに乗り込んだ。
 パタワースの対岸が高層ビルの林立するペナン島のジョージタウンになる。

 双方を行き来するフェリーは頻繁に運航され、料金は1.20リンギット(30円強)とリーズナブルだ。所要時間は15分ほどだ。
photo3 ペナンからのフェリーが到着。我々の船はこれから出航する。
photo4

0038. まえだまさとし 2010/12/28_22:45:21
photo1 ひときわ目立つ高層ビルがコムタ。かつてマレーシアで一番高かったビルだ。今では老朽化が進みお荷物になりかけているらしい。
photo2 島には橋も架かっているが遠いので、バタワースまでバスを使ってフェリーでわたる方が便利だ。
photo3 ペナンの桟橋には時計塔なども見え、船で上陸するのは独特の旅情をかき立てられる。
photo4 ペナンの桟橋に到着した。港の前はバスターミナルになってペナンの基点になっている。

0039. まえだまさとし 2010/12/28_22:50:07
photo1  ペナンの中心都市であるジョージタウンはガイアナの首都と同じ名前だ。ガイアナもインド人が多い国だったが、マレーシアのジョージタウンもインド人は多い。中華系もマレー系も入り乱れマレーシア屈指の人種のるつぼだ。ジョージタウンに到着したが天気は雨。傘がいるほどではないので歩いて町へ向かった。

 1キロほど行った場所に安宿や食堂が建ち並ぶにぎやかな場所があるのでここで泊る場所を探した。
photo2 クリスタルゲストハウスというホテルに泊ることにした。1泊40リンギット(1000円強)でエアコン付きでシャワーは共同だがお湯が出る。宿代は案外高い印象だがお湯が出るので悪くはない。
photo3 今年はこの後、鉄道でクアラルンプールに移動します。


日本を出発してからのルートを載せておきます。
photo4

0040. まえだまさとし 2010/12/31_22:44:35
photo1 【12月29日(水)】

 ペナン2日目。朝、青空が見えていたが、次第に雲が多くなり昼前には雨が降り出してきた。
 この時期ペナンでは厚い雲に覆われる日が続き、青い空は期待できない。
photo2  徒歩で今夜泊るトレーダーズホテルに向かった。今日からシンガポールまで友人と二人で行動することになり、ホテルもシェアできるので多少高めのホテルにも泊ることが可能だ。
チャイナタウンとペナン最高層のコムター。
photo3  今夜はペナン・トレーダーズホテルに泊ることになる。シェアするので一人あたり3000円ほどだ。場所はコムタの横で観光には少し不便な気がしないでもない。
 シャングリラホテルの系列でリーズナブルなホテルとして展開しているトレーダーズホテル。チェックインは2時からだと言われたが、ルームメイドに確認をとると早めに入室できることになった。
 トレーダーズホテルの部屋はビジネスホテルなのでたいしたことはなく最低限の設備は整っている。
photo4 隣のコムターとは直結している。
かつてマレーシアで一番高かったコムターは1985年開業で現在は老朽化が進み、内部は空きテナントも多く、いつ天井が落ちてきてもおかしくないような場所もある。

開業して4半世紀。東南アジアの雑然とした雰囲気が高層ビル全体に感じられる。東南アジアや中国はビルと建てるのはいいがその後のメンテナンスや補修がいい加減だという象徴的な建物だ。コムターを見ているといま後進国に林立する超高層ビルの行方を暗示しているように思えてならない。

0041. まえだまさとし 2010/12/31_22:46:28
photo1 昼食は海南鶏飯の店に入った。タイのカオマンガイだが味はタイの方がおいしい。
photo2
photo3
photo4

0042. まえだまさとし 2010/12/31_22:48:40
photo1 ペナンには中国系の建物が多い。
photo2 後ろはどこからでも見えるコムター。
photo3 トライショーはペナン名物だ。
photo4 中国の霊廟。

0043. まえだまさとし 2010/12/31_22:50:46
photo1 イギリスのコロニアル建造物も多い。ペナンのタウンホール。
photo2 要塞。
photo3 クロークタワー
photo4 税関のビルにも時計台が備わっている。

0044. まえだまさとし 2010/12/31_22:54:26
photo1 【12月30日(木)】

 天気の安定している午前中はペナンヒルへケーブルカーで上ろうと思った。しかしペナンヒルの麓までバスで行ったのに工事中で運休しているとのこと。しかたなくあきらめることにした。もし上れたとしてもペナンヒルの山頂付近は雲に覆われているので見晴らしは期待できなかったが少し残念だ。
photo2 ペナンヒルのケーブルカー乗り場近くに極楽寺というスポットがあったので一応行ってみた。
photo3
photo4 池には大量の亀

0045. まえだまさとし 2010/12/31_22:55:25
photo1 しかし極楽寺も工事中で見晴らしがいい上の方には入れず、いまいち後味が悪いままジョージタウンに戻ることになった。


極楽寺からジョージタウンの眺め。
photo2
photo3
photo4

0046. まえだまさとし 2010/12/31_22:58:39
photo1  午後はペナン屈指のビーチリゾートであるバツーフェリンギへ行くことにした。

 宿泊しているトレーダーズホテルはシャングリラホテルの系列のためバツーフェリンギにあるシャングリラホテルの施設を使用することができる。
 ホテル間は無料送迎バスが出ている。
photo2 バツーフェリンギはペナンを代表するビーチリゾートだが、ビーチは海水浴をする雰囲気機はではなく、パラセーリングやジェットスキーなどマリンスポーツが盛んな感じだ。ビーチ沿いにはパラソルもなく、大半の観光客はホテルの敷地内のプールで日光浴をしている。そのためホテルの中は人が多く、何となくむさ苦しい感じがする。
photo3
photo4 ビーチ沿いにはパラソルもなく、大半の観光客はホテルの敷地内のプールで日光浴をしている。そのためホテルの中は人が多く、何となくむさ苦しい感じがする。

僕もシャングリラのガーデンでダラダラすることにした。

0047. まえだまさとし 2010/12/31_23:01:47
photo1  せっかくペナンのビーチに来たことだしパラセーリングをすることにした。ボートに引っ張られビーチの上空を一周する。
簡単な説明を受け大空へ舞い上がる。
photo2
photo3  天気はいまいちだが見晴らしは最高だった。
photo4 無事着地。

1回60リンギット(1650円)。

0048. まえだまさとし 2010/12/31_23:05:23
photo1  バツーフェリンギの屋台で夕食を食べることにした。
マレーシアの串焼きサテ。
photo2 この夜ペナン対岸のバタワースにわたり、夜行列車でクアラルンプールへ向かことになる。

夜はフェリーの運航が少ないのかかなり待たされることになった。バタワース発のクアラルンプール行きの列車は23時発。駅に15分前に到着した。
photo3 しかしまだ列車はホームに入っていなかった。
photo4 23時前になってやっと客車が入線してきた。寝台は2人用個室でスペースに余裕があり、洗面台も完備してる。これで料金は80リンギット(2000円強)だ。

乗っている時間は短いが優雅な旅になる。列車は15分ほど遅れてバタワースを出発した。



車窓を楽しむこともできないのですぐに眠ることにした。

0049. まえだまさとし 2010/12/31_23:54:27
photo1 【12月31日(金)】
photo2  列車は約30分遅れで7時半にクアラルンプール中央駅に到着した。

 ここからタクシーで宿泊先のトレーダーズホテルに向かう。

 クアラルンプールの朝は天気がよく、強い朝日が照りつける。ペトロナスツインタワーがそびえるKLCC界隈にトレーダーズホテルはある。
photo3  クアラルンプールのトレーダーズホテルは周辺に屋台など気軽に食事を食べる場所がないのが難点だ。でもクアラルンプールのトレーダーズホテルはペナンのように古くさい雰囲気はなく五つ星の最新設備を備えた宿で部屋もスタイリッシュだ。
photo4

0050. まえだまさとし 2010/12/31_23:55:02
photo1 到着が8時前だったにもかかわらず、すぐに部屋に入ることができたのはありがたい。部屋からはペトロナスツインタワーを眺めることができる。
photo2
photo3
photo4

0051. まえだまさとし 2010/12/31_23:58:28
photo1 部屋からの眺め。
photo2 ホテルの最上階33階にあるプールバーでタワーや町並みを眺めながら午後は優雅に過ごすことにした。ここからのペトロナスツインタワーの眺めも素晴らしい。
photo3 こちらは33階のプールバーからの眺め。
photo4 街へ出ることにした。
しかし最寄りの駅まで遠いのがこのホテルの難点だ。

ペトロナスツインタワーはどこからでも見える。

0052. まえだまさとし 2011/01/01_00:00:40
photo1 ホテルから一番近い駅はモノレールだ。
photo2 モノレールでクアラルンプールの繁華街であるブキッ・ビンタンへ行ってみた。この界隈ではランドマーク的な存在のLOT10。テナントに伊勢丹も健在だ。
photo3
photo4

0053. まえだまさとし 2011/01/01_00:04:58
photo1 夜のチャイナタウン。モダンなアーケードに覆われている。
photo2  夜KLCC駅周辺は人が集まり大混雑。下からライトアップされたペトロナスツインタワーを見上げる。


。 
photo3 クアラルンプールの地下鉄に当たるプトラLRTは深夜2時までの運行らしい。
photo4 何かしらイベントがあると思い、何となくクアラルンプールに来たが演出に期待したい。

ホテルの部屋からタワーは見えるので無理に混雑している外へ出ることはせず、部屋で年を越す。

テレビでは一足先に2011年を迎えた日本の様子が流れている。

0054. まえだまさとし 2011/01/01_10:12:59
photo1 ペトロナスツインタワーの付け根にあたる広場は人でごった返しているのが確認できる。

大音量の音楽や感性がホテルの中まで聞こえてくる。
photo2
photo3 同じホテルに滞在している人たちはみんなタワーを注目し始めている。
photo4

0055. まえだまさとし 2011/01/01_10:15:32
photo1 そんな中でのカウントダウン。
2011年0時ちょうどに花火が打ちあがった。
photo2
photo3
photo4

0056. まえだまさとし 2011/01/01_10:16:16
photo1 6分ほど花火が打ち上げられ、周辺は白い煙に覆われている。

2011年元旦。



あけましておめでとうございます。
photo2
photo3
photo4

0057. まえだまさとし 2011/01/01_22:55:42
photo1 一夜が明けた部屋からの眺め。
この時期クアラルンプールは朝は日差しが強く天気がいい。
photo2
photo3 新年早々移動します。

旅はまだまだ続きます。

今日はさらにマレー半島を南下してマラッカに向かいます。



「2011年のカウントダウンに向けて」はここで終了にします。

続きは「2011年1月の旅行」を参照してください。
photo4

旅BBSトップ旅BBS(テキスト版)スレッド一覧