旅BBS (テキスト版)
tabibbs.com
旅BBS(本体) は、 ここをクリック
※このページは、旅BBS『画像掲示板』のテキストページです。 旅BBS『画像掲示板』本体へは、ここをクリックしてお進み下さい。

旅BBSメニュー>海外情報ノート
ソンクラン・水掛祭り2011(タイ)

0001. まえだまさとし 2011/04/13_11:41:11
photo1 タイ旧暦の正月にあたるこの時期、一年で一番暑い季節になります。

そんな暑さを和らげる意味を込めた祭りとして「ソンクラン・水掛祭り」というのがタイ全土で行われます。

期間は毎年4月13日から15日に開催され、この連休に週末を繋げでタイ最大の大型連休となります。

なのでバンコクから地方へ帰省する人が多く、交通機関は軒並み大混雑となります。
photo2 【4月11日(月)】

今回の日本出発に利用するユナイテッド航空機が1時間半の遅延との連絡が昼過ぎ携帯の方に入った。なので予定より遅めに空港に着くように向かった。
 京成本線の特急でのんびり空港に向かっていた時のこと。京成成田駅に到着した際、大きな地震に遭遇してしまった。車両もかなり揺すられるような大きな揺れで周辺の架線や電柱などもかなり揺れている。案の定列車はこのまま京成成田駅で運行見合わせとなった。空港へ向かう途中での足止めという、最悪の事態をついに経験することになってしまった。出発までは2時間半あるが、このまま列車が動かないと困りものだ。
photo3  さっきの地震は震度5だとの情報が駅の放送に流れた。(あとで空港で知った事だが震源は福島県沖で最大震度は6弱。かなり長く揺れの余震だったようだ。)震度5なので運行再開まではかなり時間がかかるもようだ。幸いにも電車が停まってしまったのが成田空港に近い京成成田駅だったのは幸運だった。これが走行中での立ち往生だと列車から降りることもできず、とんでもないことになっていた所だ。
 迷っている時間はなく行動は早いほうがいい。速やかに改札をでてタクシー乗り場へと向かった。すると同じように空港へ向かおうとする旅行者がタクシー乗り場に集まりだしていた。その中からターミナル1へ向かう人をさがし4人集まったのでそのままタクシーに乗り込んだ。この時点でタクシーの台数には余裕がありスムーズに駅を出発することができた。
photo4  タクシーで15分ほど走り、パスポートチェックを受けて空港の敷地に入った。とりあえず一安心といったところだろうか。京成成田駅から空港までは3320円。これを4人でシェアするので気になるような出費ではない。また京成成田駅で降りているので電車代が少し安くなっている。

0002. まえだまさとし 2011/04/13_11:43:10
photo1  ユナイテッド航空で遅れているのはバンコク行きだけだ。今回は成田出発便としては初めてのファーストクラス利用だ。

 閑散としたチェックインカウンターで手続きを済ませた。
photo2
photo3
photo4

0003. まえだまさとし 2011/04/13_11:47:09
photo1 ファーストクラス利用者のみ専用のセキュリティーチェックを利用できるが、出国審査は一般客と同じ場所になるのであまりメリットは感じない。
photo2 しばらく時間があるので地下の空港駅へ様子を見に行ったらJR、京成ともにまだ運転再開される気配はなさそうだ。改札は閉鎖され、周辺に人だかりができている。タクシーで空港に向かったのは正解だったようだ。
 成田空港の滑走路も地震直後しばらく閉鎖されていたようだが、現在は運用再開されているようでこれ以上の遅延はなさそうだ。
photo3  ラウンジ利用はANAスイートラウンジ(ファーストクラス)を利用できるか試しに顔を出してみた。すると何の問題もなく入ることができた。地震の情報を見るためテレビモニター前のソファーに座ると飲み物の注文を聞かれコーヒーをお願いすることにした。ファーストクラスラウンジの食事は成田よりまともな食事を提供される羽田空港のANAビジネスラウンジと同レベルといった感じで設備もビジネスクラスと同じだ。

 違いは全く客がおらずスタッフの姿だけが目立つということだろうか。シャワーを浴びて搭乗口へ向かうことにした。
photo4

0004. まえだまさとし 2011/04/13_11:50:23
photo1  バンコク行きは20時10分発。ファーストクラスの乗客から搭乗が開始された。バンコクへの機材はB747−400と旧式だが、座席は最新のものに改良されている。

 ファーストクラスはもちろんビジネスクラスも水平に180度シートが倒れる設計になっている。ユナイテッドのファーストクラスは二度目であまり新鮮みはないが、バンコクまでは快適な移動となる。
photo2 ただ食事は相変わらずまずい。日本で作っているのだから少し期待はしたが幻だったようだ。
photo3 前菜
photo4 サラダ

0005. まえだまさとし 2011/04/13_11:54:17
photo1 メインはサーモンだ。
photo2 そしてデザートとコーヒー。
photo3 バンコクまでは7時間。深夜1時に到着予定だ。


 バンコクに到着。さすがにこの時間は他の到着便もなく入国審査はすぐに済ますことができるかと思ったが、どういうわけかすごい人だ。

 なのでファーストトラックのクーポン(優先的に入国審査を受けられる権利)を使うことにした。ファーストトラックのクーポンがあると別の機会に空港が込んでいたら利用できる。なのでエコノミー利用時に混雑していればクーポンを使って並ばずに済む。
photo4

0006. まえだまさとし 2011/04/13_12:05:41
photo1 エアポートレイルリンク(空港鉄道)はこの時間運行されていないのでタクシーで市内へ向かった。

今夜の宿泊先はスクンビット31にある「S31 HOTEL」。高速は使わず下道で向かい料金は170バーツかからない。ホテルに着いたら深夜2時だ。ユナイテッドの遅れのせいだが勘弁してもらいたい。
photo2 S31 HOTELはメゾネットの客室が特徴のデザイン性の高いホテルで興味深い。

場所も便利だが駅から離れているのが難点だ。各フロアにトイレがあり、寝室や浴室は豪華な造りになっていてコストパフォーマンスはかなり良い。

ゆっくり滞在したいホテルではあるが明日出発だ。
photo3
photo4

0007. まえだまさとし 2011/04/13_12:16:40
photo1  今日急遽チェンマイへ向かうことにした。本来の予定ではチェンマイに行く予定ではなかったが、アフリカを一緒に旅行したKさんがチェンマイにいるということで訪問することにした。

 ホテルの朝食後チェックアウトを済ませた。

 タクシーに乗り込み、高速道路を利用してかつての国際空港であるドンムアン空港へ向かった。
photo2 スクンビット通りからはドンムアン空港までは40分ほどだ。

20年近く放置されている鉄道の橋脚工事。一帯何がやりたかったのか謎だ。
photo3 ドンムアン空港が閉鎖されてからかなりの年月が経っている。政情不安の影響もあり、国内線の一部でこの空港が再利用されることになったが、それも今後どうなるかわからない。

しかしドンムアン空港周辺の複雑な道路車線は懐かしさを感じる。
photo4

0008. まえだまさとし 2011/04/13_12:19:19
photo1  ドンムアン空港の国際線ターミナルは反政府勢力が首相府を占拠していた時、行政機能が一時的に入居していたこともある。今は何に使われているのかわからないが、国際線ターミナルはボーディングブリッジもそのままで往年の賑わいを思い起こさせる。もう二度と来ない空港だと思っていたが、改めて利用することになり、懐かしさに浸ってしまう。


 今は国内線ターミナルだけが稼働している。国内線の航空会社はオリエンタル・タイ航空とノックエアだ。
photo2 ノックエアが9時にチェンマイ行きを飛ばしていて航空券を購入することにした。今日は日本でいう年末年始のピーク時みたいな日なので航空券の値段の高さは半端ではない。普段3千円くらいで買える航空券が約1万円もした。でも席を確保できただけでも良かったのかもしれない。
photo3 そしてチェックイン。

ドンムアン空港からの発着便は比較的多く、この時期帰省客も多いので空港内はにぎわっている。
photo4

0009. まえだまさとし 2011/04/13_12:20:45
photo1 国内線ターミナルから見た旧国際線ターミナル
(ドンムアン空港)
photo2
photo3
photo4

0010. まえだまさとし 2011/04/13_12:26:09
photo1  約1時間チェンマイに降り立った。チェンマイ空港では地元の民族衣装を身にまとった女性に出迎えられた。
photo2
photo3
photo4

0011. まえだまさとし 2011/04/13_12:28:11
photo1 とりあえずKさんに携帯に連絡入れてもらうようにした。しばらくするとすぐに返事が来て、Kさんの宿に直行することができた。
photo2 トゥクトゥクで向かう。途中で給油。
photo3  向かった先はナイスアパートメント。ターぺー門近くにありながら奥まった場所に位置し静かな環境で居心地は良さそうだ。しかしこの宿は満室でその近くに手頃なD.N.ゲストハウスとい宿を見つけた。値段は250バーツとリーズナブルだ。
photo4

0012. まえだまさとし 2011/04/13_18:26:06
photo1 正午にKさんたちと街へ出た。

通りに出ると水鉄砲を手にスタンバっている子供たちが徘徊している。そして目が合うと確実に水をかけられる。
photo2 堀沿いの道路は無差別に水を掛けられる。
photo3
photo4

0013. まえだまさとし 2011/04/13_18:27:26
photo1 至る所で容赦なく水をかけられ、バケツごと水をかけられることもあり、あっいう間にずぶぬれだ。
photo2
photo3
photo4 こんな女の子までが攻撃してくる。

0014. まえだまさとし 2011/04/13_18:32:44
photo1  さすがに掛けられっぱなしでは我慢できないので反撃できるようにけっこう水圧の高いビームサーベルのような水鉄砲を購入した。


これで攻撃も可能だ。
photo2
photo3 まさに市街戦の様相だ。
photo4 ソンクラン水掛祭りで一番盛り上がるスポットへいってみた。それはターペー門の外側の通りです。

とはいっても今日はまだ祭りの前日ですが。

0015. まえだまさとし 2011/04/14_11:13:44
photo1 ターペー門の外側では水を満載したトラックが通行人に水を掛けまくります。それに反撃する人が入り乱れ一帯は大混乱です。
photo2
photo3
photo4 何も知らずにこの道をトゥクトゥクで通るととんでもないことになります。荷物を持っていようがお構いなしです。

0016. まえだまさとし 2011/04/14_11:15:43
photo1 水は堀から汲み上げているので少し茶色いですが豊富にあります。ポンプから汲み上げた水を直接掛けられることもあります。
photo2
photo3
photo4

0017. まえだまさとし 2011/04/18_20:52:10
photo1 ルールも何も存在しない。ただ水を掛けある。水を掛けられたくないならここには来ないようにするのが唯一のルールだ。
photo2
photo3
photo4 沿道の踊り子も盛り上がっている。

0018. まえだまさとし 2011/04/18_20:53:19
photo1 欧米人をねらうK氏。
photo2
photo3 調子に乗るK氏。
photo4

0019. まえだまさとし 2011/04/18_20:55:02
photo1 みんな楽しそうだ。
photo2
photo3 ポンプを奪い取ったK氏。辺り構わずぶっ放す。
photo4 結局このざまだ。

0020. まえだまさとし 2011/04/18_20:56:31
photo1  たまたま通りがかったピックアップトラックの荷台に乗せてもらうことになった。
photo2
photo3
photo4 トラックの荷台からは見晴らしがいい。

0021. まえだまさとし 2011/04/18_20:58:18
photo1 トラックの荷台にて。
photo2 製氷所にいって氷を補給。こんな水を掛けられたらたまらないだろう。
photo3
photo4 トラックの荷台は標的になりやすい。

0022. まえだまさとし 2011/04/18_21:00:58
photo1 掛けられたらやり返す。
photo2 トラックの荷台にて。
photo3
photo4 城壁でトラックから降ろしてもらい、一度宿に戻ることにした。
祭を満喫しているような感じだが、実は本番は明日から3日間だ。

0023. まえだまさとし 2011/04/23_13:23:26
photo1 【4月13日(水)】

 今日から3日間、ソンクラン・みずかけ祭りとなる。
 9時過ぎにターぺー門の方へ食事できる場所を探しに行った。宿周辺の安食堂は今日は休みなのか単に朝早いだけなのか軒並みシャッターが下ろされている。
photo2 そんな中、比較的ツーリスト向けの店だがそんなに高くない店を見つけカオソーンを食べることにした。チェンマイといえばカオソーンだ。
photo3  今日のチェンマイも暑気とは思えないしのぎやすい気候だ。

ターぺー門の脇の特設会場では祭りの挨拶イベントが行われていた。
photo4 花火が打ち上げられ、祭りの開催を知られる。

0024. まえだまさとし 2011/04/23_13:24:56
photo1 今日も街へ繰り出した。
祭りは今日からで町中は大盛り上がりだ。昨日同様ターペー門周辺では通りすぎる車に無差別に水をかける。昨日に比べ特設会場が増え生演奏などが行われているので本番が始まったと実感できる。
photo2
photo3
photo4

0025. まえだまさとし 2011/04/23_13:30:55
photo1  今日の17時の飛行機でバンコクに戻ることになる。なので宿を3時過ぎに出ればいいだろう。
 
photo2  チェンマイで一緒に過ごした日本人旅行者たち。
photo3 季節はずれの雨が一日中降り続く。
photo4

0026. まえだまさとし 2011/04/23_13:31:39
photo1  祭りの開催中に空港へ行くのは大変だ。

まずタクシーが捕まらないのでトゥクトゥクで向かうことになるが、窓などなく走行中はまともに水をかけられることになる。なので荷物はポリ袋に覆って服は町中できていて濡れてしまったTシャツと水着で空港へ向かうことになる。
photo2  ターペー門近くでトゥクトゥクを拾い、一度ホテルへ荷物をピックアップし戻った。そして袋に入れた荷物を積み込み空港へ向かう。
 しかし最短ルートに使う道路はパレードが行われていて通行止めだ。抜け道を通って城壁に出た。しかし城壁沿いは最も水を掛けられる場所でもあり早く通過してしまいたいが一番渋滞している場所でもある。停車しようものなら絶好の標的だ。
もう水をかけられること自体気にならなくなったが氷水を掛けられることがあり、これには慣れることができない。
photo3  城壁を越えるまで道路が大渋滞していたので少し心配になったが、その後は問題ない。
photo4

0027. まえだまさとし 2011/04/23_13:33:29
photo1 空港に到着した。空港まで来ればもう水を掛けられることもない。
photo2 ここまで利用したトゥクトゥク。
チェンマイに到着した欧米人旅行者がこれに乗って市内に出るようだが、その格好で城壁に近づかない方がいいんじゃないかと心配だ。
photo3
photo4

0028. まえだまさとし 2011/04/23_13:40:24
photo1  空港到着後トイレで濡れた服を着替え、チェックインを済ませた。チェンマイからバンコクへのフライトは17時。

 オリエンタル・タイ航空で昨日同様ドンムアン空港を利用することになる。
photo2  1時間後ドンムアン空港に到着。
photo3
photo4

0029. まえだまさとし 2011/04/23_13:43:43
photo1 今夜のバンコクでの滞在先はサートゥーン。

 タクシーで「アナンタラ・サートゥーン・ホテル」へ向かった。

決して有名なホテルではなく、住所はわかっていたが、英語表記が間違っていたため運転手は場所がわからず、最終的な場所はホテルに電話して確認してたどり着くことができた。
photo2
photo3
photo4

0030. まえだまさとし 2011/04/23_13:46:07
photo1 【4月14日(木)】
photo2 滞在しているホテルは「アナンタラ・サトゥーン・ホテル」。豪華な客室の割に値段は良心的だ。
photo3 ホテルのエントランス。
photo4 ホテルの朝食ビュッフェも種類が豊富だ。

0031. まえだまさとし 2011/04/23_13:46:27
photo1 部屋からの眺め。
photo2
photo3
photo4

0032. まえだまさとし 2011/04/23_13:47:45
photo1 ホテルの客室は長期滞在向けにデザインされている。
photo2 寝室。
photo3 浴室も広い。
photo4

0033. まえだまさとし 2011/04/30_21:24:44
photo1 ホテルは眺めのいいバルコニーを備えているので水をかけられた服を乾かすことができる。
photo2 ホテル周辺でもみずかけが行われていた。でもチェンマイに比べ規模は小さい。
photo3 バンコクで最近できた交通機関が「BRT」。道路を一車線つぶし、専用の車線とふらっとホームを持つ交通システムだ。ブラジルやコロンビア、エクアドルなど南米で見られる交通機関がバンコクにも開通した。東南アジアではインドネシアのジャカルタにもあるらしい。
photo4

0034. まえだまさとし 2011/04/30_21:30:48
photo1 BRTのバス停にはモダンなプラットホームが整備されている。
初乗り料金は10バーツ(28円)から。

BRTとはバス・ラピッド・トランジットの略だ。
photo2 路線網はサトーンからリバーサイドにかけて路線が延びる。あまり観光客向けの地域ではないので知らない旅行者も多いだろう。
photo3 ターミナルのサトーン駅ではBTS(高架鉄道)のチョーンノンシー駅に接続している。
photo4

0035. まえだまさとし 2011/04/30_21:32:32
photo1 チョーンノンシー駅からBTSに乗り込んだ。シーロム線は4両編成に増結された新型車両が導入されていた。

BTSも開通して10年だ。
photo2
photo3
photo4

0036. まえだまさとし 2011/05/08_23:08:15
photo1 普段はビジネス街として賑わうシーロム通りへ出ました。昨夜の騒ぎの影響か、一帯は泥まみれで清掃が行われていました。

でもまた今夜汚されることになるのですが。
photo2
photo3 泥が飛び散った商店のガラス。
photo4 掃除する人。

0037. まえだまさとし 2011/05/08_23:10:07
photo1 午後になると人が増えてきました。
photo2 屋台では泥水に溶かす粘土のようなものが売られていました。
photo3
photo4 早速水をかけられます。ついでに泥も。

0038. まえだまさとし 2011/05/08_23:11:31
photo1 BTSサラディーン駅周辺は人でごった返していました。
photo2
photo3 放水車も出動しています。
photo4

0039. まえだまさとし 2011/05/08_23:14:24
photo1 場所をスクンビット通りに移しました。

軽トラックから攻撃がしかけられます。
photo2 クーラーボックスに氷水をため、ここに通行人を押し込むという荒っぽいことが行われていました。
photo3 みんな泥まみれだ。
photo4

0040. まえだまさとし 2011/05/08_23:15:38
photo1 夜のシーロム通り。
photo2
photo3
photo4

0041. まえだまさとし 2011/05/08_23:16:03
photo1 おかまっぽいのも目立ちます。
photo2
photo3
photo4

0042. まえだまさとし 2011/05/24_20:25:08
photo1 【4月15日(金)】


 4時半にホテルを出発。5時過ぎに空港に到着した。帰りもファーストクラスでチェックインはすぐに済んだ。
その後、出国審査だがこの時間でも結構混雑が激しい。でもファーストトラック(優先出国)のクーポンを使えるが、これはさらに込んでいるときに重宝するので次回に残しておいて少し並ぶことにした。
 ラウンジは5時半にオープンする。ユナイテッドの機内食はファーストクラスとはいえ期待できないのでファーストクラスのラウンジで朝食をすませることにした。
紅茶とパンとおかゆを頼むことにした。
photo2 さて搭乗。
座席番号は1A。食事はまずまず。座席をフルに使える。出されたメインの食事はこんな感じ。
photo3 到着前の軽食。けっこううまかった。
photo4 今回のソンクラン・水掛祭りの旅行ルート。

旅BBSトップ旅BBS(テキスト版)スレッド一覧