旅BBS (テキスト版)
tabibbs.com
旅BBS(本体) は、 ここをクリック
※このページは、旅BBS『画像掲示板』のテキストページです。 旅BBS『画像掲示板』本体へは、ここをクリックしてお進み下さい。

旅BBSメニュー>海外情報ノート
家族でバックパッカー⑰クラクフ旧市街(ポーランド)

0001. 旅蔵 2012/01/15_11:02:06
photo1 パパ、ママ、3歳の息子の3人で2011年10月2日より3ヶ月のヨーロッパ縦断旅行を始めました。11月24日、クラクフに到着。元々、アウシュビッツ見学の拠点として宿泊だけの予定で来たのですが、市街地も趣があり、延泊して市街地も散策しました。

*写真は、旧市街広場。もうこの頃は夕方4時頃になると暗く寒かったです。この日は濃い霧の中、クリスマスマーケットが開催されていました。
photo2 クラクフに向かう電車の車窓から撮影
photo3 寒そ〜。旅はこれからどうなってしまうんだろう
photo4

0002. 旅蔵 2012/01/15_12:00:58
photo1 ここまでの経路

※ウィーンは、ヨーロッパの綺麗な町並みは散々見てきたし、特に用も無いので飛ばしてしまいました。時間に余裕があれば、ウィーン、ハンガリーのブタペスト辺りに寄っても良かったんでしょうが、1ヵ月後にスイスの嫁の友人宅(チューリッヒ近郊イルナウ)に戻る用があり、優先順位を下げました。この為、少々ハードな移動となりました。
photo2 ザルツブルクからクラクフまでのタイムスケジュールです。ザルツブルクからウィーンまでなら3時間、ウィーンからクラクフへはKatowice乗り換えで8時間以上かかりました。
大人1人101.4ユーロ、これに一部座席指定が必要で、これが3.5ユーロです。尚、3歳まではただ。
photo3 宿泊先の名刺です。
尚、ここにある地図の矢印はホテル兼レセプションのある場所で、私達が泊まったのは別の建物です。ここで受付を済ませて、鍵をもらい、宿に向かいます。

Flamingo Doubles
大人2名1泊144ズーリ(約32ユーロ)
ダブルベッド・プライベートシャワールーム
宿は、HOSTELWORLD.comで予約。

ここは2泊目、夜中にブレーカーが落ちて、ヒーターなしの夜を過ごす羽目になりました。レセプションも離れていて、電話も無く、フリーWifiを利用してメールでスタッフに伝えました。しかし、日本のようなサービスはまず望めず、回復したのは夕方でした。
photo4 右側が宿です。
ここもそうですが、文化が違うと宿を探すのも一苦労です。日本の常識が通用しませんから。

0003. 旅蔵 2012/01/15_14:06:43
photo1 旧市街観光に使ったヨレヨレになってしまった地図。
ここも無料のウォーキング・ツアーというのもありましたが、子連れだとついていけないので、適当に回ることにしました。地図の右上がクラクフの鉄道駅。緑で囲まれたところが旧市街です。旧市街は夜遅くても人通りも多くて明るいので、夜9時半過ぎに着いた私達も一安心でした。
まぁ到着して最初いつも困るのは東西南北がわからないことでしょう。一応、方位磁針は持って行きましたが、GSP付きのモバイルを契約していれば、ヨーロッパはもっと楽に旅行できるでしょうね。
photo2 こちらは使わなかった地図。赤い所が名所になっていますが、こっちの地図だと名所が多過ぎで、疲れるし飽きちゃうでしょう。
photo3 地図に連動した名所の説明です。
photo4 クラクフは、アウシュビッツへの拠点としてのみ来るのが一般的ですが、是非、旧市街も回ってもらいたいですね。

0004. 旅蔵 2012/01/15_14:18:33
photo1 宿泊先の宿です。ここの最上階に泊まりました。停電にもかかわらず、思ったより寒くなかったのは、最上階で石造りだからでしょうか?
因みに、階段の明かりはタイマー制で、ゆっくり登っていると途中で消えて真っ暗になります。ヨーロッパの各所でそうでした。
photo2
photo3 旧市街広場です。ここから観光スタート。
photo4 上の広場の写真の右の塔の下に、こんな巨大な顔のオブジェがありました。何かは不明です。

0005. 旅蔵 2012/01/15_14:29:32
photo1 まずは旧市街のはずれにあるバベル城へ向かいます。
photo2 行くまでの一つ一つの景色が情緒豊かで中々進めませんでした。
photo3
photo4

0006. 旅蔵 2012/01/15_14:34:58
photo1 バベル城(The Royal Wawel Castle)です。本当は裏手にある川の対岸から見た方が格好良く見えます。
photo2
photo3 観光用の馬車が何度も通って行きます。
photo4

0007. 旅蔵 2012/01/15_14:38:16
photo1 バベル城
photo2 対面の建物もいいなぁ
photo3
photo4

0008. 旅蔵 2012/01/15_14:43:18
photo1 最初の門
photo2
photo3 2つ目の門。ここをくぐると城内です。
photo4 バベル城の地図です。黄色い印が今いるところ。

0009. 旅蔵 2012/01/15_14:51:57
photo1 バベル城内へ
photo2
photo3
photo4 門をくぐって直ぐの所の右手に、ヨハネ・パウロ2世(ローマ教皇)の像があります。ヨハネ・パウロ2世って、クラクフ郊外に生まれたポーランド人なんだそうです。

0010. 旅蔵 2012/01/15_14:55:29
photo1 バベル城内
photo2
photo3 先に進むと広場に出ます。
photo4

0011. 旅蔵 2012/01/15_14:59:04
photo1 バベル城内
photo2
photo3
photo4

0012. 旅蔵 2012/01/15_15:04:01
photo1 入り口と反対側から外に出ることにしました。川沿いなので寒さが強烈でした。
photo2
photo3
photo4

0013. 旅蔵 2012/01/15_15:06:08
photo1 バベル城を後に
photo2
photo3
photo4

0014. 旅蔵 2012/01/15_15:11:43
photo1 バベル城
photo2 Church on the Rock
photo3 中へ
photo4

0015. 旅蔵 2012/01/15_15:13:42
photo1 Church on the Rockの中
photo2
photo3
photo4

0016. 旅蔵 2012/01/15_15:15:18
photo1 Church on the Rockの中
photo2
photo3
photo4 教会を後に

0017. 旅蔵 2012/01/15_15:20:02
photo1 クラクフ散策
photo2
photo3
photo4 Corpus Christi Church

0018. 旅蔵 2012/01/15_15:25:10
photo1 Corpus Christi Church
photo2
photo3 旧市街の石畳の道路は、車付きの旅行バックだと歩きにくいんですよね、カタカタ煩くて。
photo4 Old Synagogue
シナゴーグ知ってますか?

0019. 旅名無しさん 2012/01/15_15:34:54
photo1 Remuh Cemetery and Synagogue
中にユダヤ人のお墓があるようです。
photo2 Tempel Synagogue
黄色いテープが張られ、前に警官が立っていました。何かあったみたいで物々しかった。
photo3 それでも観光バスが来て、ユダヤ教の帽子を被った修学旅行と思われる学生達が、降りて中へ入っていきました。アウシュビッツと合わせて、シナゴーグも回っているんでしょうか?
photo4 その近くに、なんと、たい焼き屋が!

0020. 旅蔵 2012/01/15_15:38:43
photo1 クラクフ散策
photo2 再びバベル城の脇を通ります。
photo3
photo4 St.Peter and Paul Church

0021. 旅蔵 2012/01/15_15:40:51
photo1 St.Peter and Paul Church
photo2
photo3
photo4

0022. 旅蔵 2012/01/15_15:46:29
photo1 Holy Trinity Basilica
photo2 The Franciscan Church
photo3 旧市街広場に戻ってきました。4時頃ですが、結構暗いです。
photo4

0023. 旅蔵 2012/01/15_15:50:27
photo1 因みに、写真左の塔が、
Town Hall Tower
その隣が
Cloth Hall
そして写真右のビルの隣、霧でうすっら見える塔が
St.Mary’s Church
です。
photo2 St.Mary’s Church
photo3 広場は、クリスマス・マーケットで賑わっていました。
photo4

0024. 旅蔵 2012/01/15_15:55:15
photo1 クリスマス・マーケットです。
写真左下の樽は、樽の形をしたお店で、飲み物を売っていました。ここのホットワインが旨いんです。
photo2 手前の建物の中もお店で賑わっています。
photo3
photo4

0025. 旅蔵 2012/01/15_16:04:54
photo1 St.Ann’s Church
この日の観光は、これでおしまいです。つぶさに見ていたら、一日で回り切れませんでした。
photo2 バベル城からの、この日の観光ルートです。
photo3 翌朝
St.Ann’s Church
photo4

0026. 旅蔵 2012/01/15_16:07:59
photo1 再び旧市街広場。
写真右から
Town Hall Tower
Cloth Hall
St.Mary’s Church
photo2
photo3
photo4

0027. 旅蔵 2012/01/15_16:20:24
photo1 旧市街を散策
photo2
photo3 左が、Alowacki Theatre
photo4 この建物は夜の方が綺麗です。クラクフ駅から旧市街に入ると最初にこの建物が見え、何となくホッとします。
※写真は最終日の夜に撮影したもの

0028. 旅蔵 2012/01/15_16:26:04
photo1 因みに、最終日の夜に写した旧市街広場の写真です。霧が晴れて良い天気でした。
photo2
photo3
photo4

0029. 旅蔵 2012/01/15_16:31:11
photo1 旧市街を散策
photo2 中央の塔が
St.Florian’s Gate
photo3 塔をくぐった所にあるのが
Barbican
photo4 St.Florian’s Gate

0030. 旅蔵 2012/01/15_16:37:41
photo1 St.Florian’s Gate付近
photo2
photo3 Barbican
photo4

0031. 旅蔵 2012/01/15_16:40:52
photo1 St.Florian’s Gateの内側
photo2 その付近
photo3
photo4

0032. 旅蔵 2012/01/15_18:53:26
photo1 クラクフ駅(写真右)です。アウシュビッツへ行くバス乗り場を確認するためにやって来ました。バス乗り場(ターミナル)は、駅に入って左の方にずっと行き、その後、地下通路を通って、駅の裏手に回ったところの左手にあります。
写真左はショッピングモールです。
photo2 ショッピングモールです。寿司屋とかもあります。
photo3 これはクラクフ最後の夜に撮った旧市街広場です。アウシュビッツへ行った日の帰りに撮影しました。
※アウシュビッツについては、別スレッドで紹介したいと思います。
photo4

旅BBSトップ旅BBS(テキスト版)スレッド一覧