旅BBS (テキスト版)
tabibbs.com
旅BBS(本体) は、 ここをクリック
※このページは、旅BBS『画像掲示板』のテキストページです。 旅BBS『画像掲示板』本体へは、ここをクリックしてお進み下さい。

旅BBSメニュー>海外情報ノート
家族でバックパッカー(29)ロッテルダム,オランダ

0001. 旅蔵 2012/02/03_13:43:42
photo1 パパ、ママ、3歳の息子の3人で2011年10月2日より3ヶ月のヨーロッパ縦断旅行を始めました。12月29日今回の旅の最後の訪問地キンデルダイクにやって来ました。キンデルダイクは、16世紀に作られた大風車群です。
photo2 ここまでの経路

キンデルダイクの拠点となるのはロッテルダムです。アムステルダムは宿が非常に高いのですが、少し移動するだけでここロッテルダムは宿代がアムステルダムの半値近くまで下がりました。

宿泊先は、BOOKING.COMで予約。

Hilton Rotterdam
大人2名ツインベッド・プライベートシャワー2泊で137.94ユーロ。
最後なので少し良いホテルに泊まりました。
※BOOKING.COMが良いのは、3歳児が室料に含まれるか含まれないかが情報として載っているので、いちいち問い合わせる必要がないのです。
photo3 写真は、ホテルから見た景色。

アムステルダムからロッテルダムへは、大人1名13.4ユーロ、快速で所要30分。

また帰国便はスキポール空港からですが、スキポール空港はアムステルダムとロッテルダムの中間にあり、ロッテルダムから各駅電車で所要30分です。値段は、構内を巡回している駅員に聞いたらディスカウントチケットをくれて大人2名で6.9ユーロでした。自販機で普通に買ったら23ユーロします。
photo4 キンデルダイクへは、ホテルに付設のレンタカーショップで車を借りて行きました。公共の機関で行くと、路面電車で港まで行き、船で運河を渡って行くようですが、天気も悪いし旅の疲れも溜まっていたし、往復の運賃と手間を考えると、コストパフォーマンスはレンタカーの方が良いと判断しました。
レンタカー代63ユーロ(カーナビ、チャイルドシートは有料で、この料金はそれを含んだものです)、これに、運河を渡る運賃が約6ユーロ、ガソリンは3.62ユーロかかりました。
キンデルダイクまでの所要時間は30分ぐらい。

0002. 旅蔵 2012/02/03_13:53:20
photo1 カーナビに従って進むと、運河の渡し舟に乗る事になりました。
行きは、ドライバー1.9ユーロ+同乗者0.65ユーロx2名=3.2ユーロでしたが、帰りは、同乗者は1名で扱われ、合計2.55ユーロでした。子供の扱いは結構適当です。
photo2 運河を降りて少し車を走らせると、右手に突然風車群が現れます。
photo3
photo4 キンデルダイクの風車群

0003. 旅蔵 2012/02/03_13:59:22
photo1 到着して見学しようとしましたが、土砂降りで風も強くて、少し様子を見ることにしました。
photo2
photo3 入り口に1階がお土産やで2階が食堂(ただし、この時期はクローズでした)となっている建物が1つだけあり、そこに退避しました。
photo4 この建物は屋上が展望所になっていました。この時期は屋上は閉まってますが、その手前までは階段で行けるので、そこから撮影。

0004. 旅蔵 2012/02/03_14:06:58
photo1 キンデルダイクの風車群。(写真をクリックして、大きな画面で見てもらいたい写真です)
photo2 キンデルダイクの観光は、地図の赤丸の所から風車群に沿って、赤線の所を散歩する感じです。
photo3 風車は今では観光用で、現在の排水システムは写真左下のプールに続く機械で行われています。
photo4 これです。

0005. 旅蔵 2012/02/03_14:10:49
photo1 キンデルダイク観光の入り口です。
photo2 この道を真っ直ぐ進んで、適当な所で戻って来るわけです。
photo3 風車の構造の説明板がありました。
photo4 ユネスコ世界遺産です。

0006. 旅蔵 2012/02/03_14:20:43
photo1 キンデルダイクの風車群
photo2
photo3
photo4

0007. 旅蔵 2012/02/03_14:24:27
photo1 キンデルダイクの風車群
photo2 青空で見たかったんですが、12月にはいるとヨーロッパはほとんど毎日曇りでした。
photo3
photo4

0008. 旅蔵 2012/02/03_14:27:20
photo1 キンデルダイクの風車群
photo2
photo3
photo4

0009. 旅蔵 2012/02/03_14:29:29
photo1 キンデルダイクの風車群
photo2 風車の構造
photo3
photo4

0010. 旅蔵 2012/02/03_14:31:27
photo1 キンデルダイクの風車群
photo2
photo3
photo4

0011. 旅蔵 2012/02/03_14:33:52
photo1 キンデルダイクの風車群
photo2
photo3
photo4

0012. 旅蔵 2012/02/03_14:38:52
photo1 ここが中間地点です。写真左の方からやってきて曲がって、写真右にある道へ行きます。ここまで写真を見て大体わかったと思いますが、似たような景色が続くだけなので、少し進んで引き返すことにしました。
photo2
photo3
photo4

0013. 旅蔵 2012/02/03_14:40:25
photo1 キンデルダイクの風車群
photo2
photo3
photo4

0014. 旅蔵 2012/02/03_14:53:12
photo1 キンデルダイクの風車群
photo2
photo3
photo4 以上で、ほぼ90日に渡る家族でバックパッカー旅行は終了です。

チケットはアエロフロート・ロシア航空の90日FIXOPENチケットで一度だけ変更効くとの事だったので、チューリッヒにいるとき、90日を超える日付の変更も可能かHISに問い合わせたところ、原則として駄目だと言われました。う〜ん、曖昧な答えだ。もっとも、パリでアエロフロートに問い合わせしようとしたら、もうそこのオフィスがなかったので代わりにHISのチューリッヒ支局に聞いたんですけどね。アエロフロートのオフィスってしょっちゅう無くなるんです。まぁ、とにかく12月30日の便で日本へ。帰国は12月31日でした。かかった費用は約150万円です。
この後は現実に戻って、帰国してからの職探しが大変です。<おわり>

旅BBSトップ旅BBS(テキスト版)スレッド一覧