旅BBS (テキスト版)
tabibbs.com
旅BBS(本体) は、 ここをクリック
※このページは、旅BBS『画像掲示板』のテキストページです。 旅BBS『画像掲示板』本体へは、ここをクリックしてお進み下さい。

旅BBSメニュー>海外情報ノート
南太平洋諸国制覇④フィジー〜NZ〜帰国/12年

0001. まえだまさとし 2012/10/14_19:43:50
photo1 「南太平洋諸国制覇③ソロモン・バヌアツ/12年10月」の続きです。
地図のようなルートですべての移動を終え、フィジーからニュージーランドのオークランドを経由して帰国します。

心配したフライトキャンセルやロストバゲジが無かったので予定通り旅を終えられそうです。
photo2 【10月13日(土)】

バヌアツのポートビラからのフィジーのナンディに到着。
時間が再び1時間早くなる。
フィジーでの滞在は今夜だけだがナンディータウンより少し遠いラウトカへ向かう。
photo3 フィジー第二の都市ラウトカは前回(10年前)にも一度行ったことがあるが宿泊するのは初めてだ。ナンディでもいいがもう少しフィジーの庶民の町を体感してから帰りたい。ただ明日は日曜日だというのが残念だ。
 ラウトカ行きのバスを待っていたがなかなか来ないのでたまたま来た乗り合いタクシーで向かうことになった。値段はバスと同じだ。ただこの乗り合いタクシーはラウトカの手前で曲がるらしく下ろされてしまった。雨が降っていて最悪だ。適当に乗るのはよくない。ちゃんとバスを待てばよかった。
photo4  結局タクシーで目的のシーブリーズホテルに入ることになった。今回の旅行で初めてタクシーを使ってしまったがまさかこんなしょうもない理由で使う羽目にあるとは思わなかった。ただフィジーのタクシーは安くメーターの初乗りは1.5フィジードル(70円)で支払ったのは4フィジードル(180円)だった。
 シーブリーズホテルはモーテル風の建物だ。一応プールがあってリゾートホテル風だが思ったより大衆的な宿だった。70フィジードル(3220円)だから仕方ない。従業員の対応はテンションが高くてフレンドリーだ。

0002. まえだまさとし 2012/10/14_19:45:36
photo1  せっかくラウトカに来たがすでに日が暮れ雨も降っている。フィジーに来るといつも雨だ。幸い宿は町の中心部にあるんで歩いて周辺を散策してみた。
photo2 夕食はハヤシライス風味のオイスターマトンのカレーを食べることにした。5フィジードル(250円)。うまい。
photo3
photo4

0003. まえだまさとし 2012/10/14_20:33:56
photo1 【10月14日(日)】
photo2 ラウトカで滞在しているシーブリーズホテル。海が見えリゾートホテル風だ。
photo3
photo4

0004. まえだまさとし 2012/10/14_20:35:02
photo1 ラウトカに来たものの日曜のため店の大半はは営業しておらずマーケットも休みだ。朝食をとる店も限られる。
photo2
photo3
photo4

0005. まえだまさとし 2012/10/14_20:38:49
photo1 ラウトカにはメインストリートに線路が敷かれ、今でもサトウキビ運搬鉄道が現役だ。でもさすがに日曜は運行されてなさそうだ。
photo2
photo3 朝食はインド料理屋でカレー。
photo4

0006. まえだまさとし 2012/10/14_20:42:35
photo1  11時にバスで空港へ向かうことにした。バスターミナルは日曜ということでバスの本数も少ないのか活気がない。
photo2 ナンディ行きに乗れば空港を経由する。空港までは2.4フィジードル(100円)。
所要40分ほどだ。
photo3 ラウトカからは1時間近くかけてナンディ空港に到着。
photo4 ナンディ空港へのゲート。それにしても何度このゲートをくぐったことか。もうこれが最後だ。

0007. まえだまさとし 2012/10/14_20:44:46
photo1 チェックインはビジネスもエコノミーも行列なしだ。先進国の航空会社はこの点は評価できる。ただし詐欺航空会社だが。
 しかしナンディ空港のビジネスクラスラウンジは窮屈だ。フルーツやケーキ、アルコール類は充実しているが機内で食べられなくなるのでここで食べたくはない。

ビジネスクラスではない客が大勢いるようでみんな食べて飲みまくっている。気持ちはよくわかるが見苦しいし窮屈だ。ネット回線も大勢いるためか遅いので早々にラウンジを離れることにした。
photo2  1445発のニュージーランド航空オークランド行き。
photo3 B777でフルフラットのビジネスクラスだが3時間で目的地に着いてしまう。
本来ならこのシートで日本とオークランドを往復するはずだったのにひどい詐欺だ。明日は最悪なシートで日本へ向かうことになる。今回の旅行は最初からついていなかった。
photo4

0008. まえだまさとし 2012/10/14_20:45:35
photo1 モニターなどは横についている。
photo2
photo3
photo4

0009. まえだまさとし 2012/10/14_20:47:37
photo1 フィジーからオークランドのフライトの機内食は短時間にもかかわらず手抜きはなかった。時間弱でオークランドに到着した。
前菜のスモークサーモン。
photo2 メインのニュージーランド・ラム。
photo3 デザートのチーズ。
photo4 3時間弱でオークランドに到着した。あっという間だ。

0010. まえだまさとし 2012/10/15_21:57:54
photo1 しかしニュージーランドにトランジット入国するのがこんなに厳しいとは思わなかった。まず入国審査の時点で少し質問が多かったがこれで終わりではなかった。ターンテーブルで荷物を受け取ったあと税関があり、ここで徹底的に調べられることになったのだ。
 明日の帰国用航空券も所持していて何の不備もない。でも今夜のホテルの予約はしていないが、それらは検査とは何の関係もないようでとにかくパスポートに変わった国が多すぎるのが問題で中東のビザが気に入らないらしい。とにかく僕がどういう身分の人間なのか知りたいようだ。タイに20回位入国記録があるのも気に入らないようだ。
photo2  でも嫌がらせというよりは珍しいやつが来たからちょっと調べてやるかといったところか。他に客もいなくなったことだし暇なのだろう。こちらも急いで入国してもやることはないのでのんびり相手をすることにした。荷物をすべて調べられたあとパソコンのデーターを調べるとか言われたが、今回の旅行の写真を見せびらかして終わりだった。結局今回どんな旅行だったのか体験談を自慢して終了だ。税関で1時間以上足止めを食らった。今までアメリカとかで別室に連れて行かれることはよくあったが、ここまで時間が長引いたのは初めてだ。
photo3 荷物を全部バックパックから出されたときの写真。
photo4

0011. まえだまさとし 2012/10/15_21:59:26
photo1  到着ロビーに出た。とりあえず明日の早朝には空港に戻ってくるので近くの送迎無料の宿に泊まりたい。ホテルに無料でつながる電話があるのでどこに泊まるか選んでみた。
photo2 値段はどこも同じような感じで1泊69ドルの宿に電話を入れることにした。
photo3  所定の場所で15分ほど待っていたらホテルの送迎車がやってきた。ホテルまでは10分ほど。ホテル周辺には店がないので何か買いたい物があるなら途中のスーパーに寄るけどとか言われたがお腹もすいていないし買いたい物はない。ホテルに直行した。
photo4  到着した宿はトラベラーズインターナショナルホテルというモーテル風の建物で部屋は広くプールもある。しかし明日の出発は早いのであまり関係ない。それにしてもけっこう冷えるが暖房設備がないのがつらい。

0012. まえだまさとし 2012/10/15_22:02:22
photo1 【10月15日(月)】

6時半発の送迎で空港へ向かった。といっても客は僕だけだ。気温は10度くらいだろうか。まだ初夏のニュージーランド・オークランドは冷える。
photo2 10分ほどでオークランド空港ターミナルに到着した。
photo3 とっととチェックインをすませ、出発まで時間があのでラウンジでゆっくりしたい。
photo4 ニュージーランド航空のラウンジは食事はもちろんワインなどアルコール類がしている。とはいえ朝から飲む気にはなれない。ただスペースは広いがそれ以上にラウンジ利用者が多いので窮屈な感じだ。日本のラウンジと同じでみんな食べまくって貧乏くささが感じられる。

0013. まえだまさとし 2012/10/15_22:03:40
photo1  9時25発の東京行き。座席は出発したときと同じ二人掛けが3つ並んだ広めのリクライニングシートだ。この座席は旧式ではなく南太平洋路線向けの最新機材である。なのでUSB端子やコンセントなども装備されている。ただ仕様が完全に中距離路線用なのが残念だ。機材を小さくしたのは日本路線の客が少ないのが理由だろう。その証拠に今日の東京行きのビジネスクラスはガラガラだ。隣には誰も座ってこないのでこれはこれで快適だではあるが。
photo2  客室乗務員は出発時と同じ人で僕のことを覚えてくれていた。ここでも僕の身分はなんなのか探りを入れてくる。でも残念ながら常連顧客になりうるような身分ではない。ユナイテッドでファーストクラスに乗ったときは最初の挨拶でいきなり名刺を要求されたりしたが、そんなものは持っていない。確かに長距離路線で上級クラスを使う者は乗務員にとっても特別な存在なのだろう。
photo3
photo4

0014. まえだまさとし 2012/10/15_22:06:26
photo1  東京便の座席は詐欺だが機内食やサービスはそれなりに満足行くものなので優雅な旅となった。そもそも客室乗務員も知らずに驚くような方法でこのサービスを受けているのだから座席が最悪などと何も文句は言えない。
photo2 朝食の前菜はシリアルとパッションフルーツのヨーグルト。
photo3 朝食のメインは鮭とゆかりご飯。
photo4

0015. まえだまさとし 2012/10/15_22:09:55
photo1 昼食はサンドウィッチが出た。そして到着前の夕食はこんな感じだ。
これは前菜。エビ。
photo2 メインのニュージーランド牛のフィレ肉。これはうまかった。
photo3 デザートのムース。
photo4 食後のチーズプレート。

0016. まえだまさとし 2012/10/15_22:11:48
photo1 とまぁこんな感じで11時間後成田空港に無事着陸した。ニュージーランドはちょっと遠すぎる。時差がないのが救いだ。


 すべての行程がスムーズに進んでよかった。フライトキャンセルやロストバゲジなど少しでも一度でも問題が起こるとすべてがおかしくなってしまう。今回の旅行はそれだけタイトなスケジュールを組んでの旅行だった。大半の場所が気軽に来られる場所ではないので順調にすべての移動が予定通り進んでよかった。目標の160カ国訪問は成功。
photo2 以上「南太平洋諸国制覇」は終わりです。
photo3
photo4

旅BBSトップ旅BBS(テキスト版)スレッド一覧