旅BBS (テキスト版)
tabibbs.com
旅BBS(本体) は、 ここをクリック
※このページは、旅BBS『画像掲示板』のテキストページです。 旅BBS『画像掲示板』本体へは、ここをクリックしてお進み下さい。

旅BBSメニュー>海外情報ノート
東アフリカ諸国①(コモロ)2018年夏

0001. まえだまさとし 2018/09/04_19:16:29
photo1 東アフリカへの旅。このエリアは未だ訪問したことのない未知のエリアでもある。
エチオピア航空の路線網がアフリカ各地に安定した運行をしているのでずいぶん旅行しやすくなった様に思う。今回最初に向かうコモロもかつてはタンザニアのローカルな航空会社で向かう必要があり、航空券はアフリカに着いてからの手配しなくてはならず、時間と手間がずいぶんかかっていた。それが今では日本から24時間以内で到着できるようになり便利になった国の一つだ。

 
【8月17日(金)】
photo2 エチオピア航空での出発になる。スターアライアンスということでユナイテッド航空の特典旅行を使えば予約も簡単で、アフリカ各都市をマイルで移動することも可能だ。
photo3
photo4 エチオピア航空最終目的地コモロの首都モロニまでの搭乗券。

0002. まえだまさとし 2018/09/04_19:18:54
photo1 出発便のエチオピア航空アディスアベバ行きは遅延が発生していて21時25分の出発予定が22時15分に変更されていたがそれよりも遅れそうだ。
photo2
photo3 22時になってやっと飛行機がスポットにやってきた。到着客を降ろした後、15分後には搭乗が始まった。機内清掃は省略気味だ。成田空港は24時間空港ではないので23時までに出発しないと離陸できなくなるので忙しい。急いで事故だけはやめてもらいたい。
photo4 22時35分に機体は動き出した。長距離便の中型機にもかかわらずLCC並みの手際の良さだ。機内はほぼ満席。経由地の仁川まで利用の客も多いみたいだ。機内食はベジタリアン。あまり箸は進まない。

0003. まえだまさとし 2018/09/04_19:21:35
photo1 【8月18日(日)】
photo2  仁川には深夜1時に到着した。アディスアベバへ向かう客も全員が一度保安検査を受けて搭乗口へ向かう事になる。仁川では半分以上の客が入れ替わった。仁川では清掃や機内食の積み込みなどかあるようで比較的長い時間待つことになる予定だったが、ここでも時間短縮。予想以上にアディスアベバに早く着きそうだ。
photo3  深夜2時には出発。仁川からアディスアベバまでは11時間弱のフライトだ。深夜にもかかわらず、容赦無く機内食が出された。そして到着前に朝食。
photo4

0004. まえだまさとし 2018/09/04_19:23:51
photo1  エチオピアと日本との時差は6時間。アディスアベバには本来7時10分の到着予定だった。それが東京出発時点で遅延のためアディスアベバ到着は8時20分に変更されていた。しかし凄まじい回復運行でほぼ定刻通りの着陸となった。
photo2  夏にエチオピアに来るのは初めてだ。厚い雲に覆われ雨が降っている。乾燥した時期にしか来たことはなくエチオピアで経験する初めての気候だ。高地にあるため気温も低めだ。
photo3
photo4

0005. まえだまさとし 2018/09/04_19:26:18
photo1  アディスアベバに到着した客の大半は乗り継ぎ客だ。この空港では保安検査は省略されているようで、飛行機を降りた後そのまま搭乗口に向かうことができる。アメリカのスタイルで時間のロスがない。
 しかしラウンジなどに行く場合は一度保安検査の外まで行かなくてはならず、今回はラウンジに立ち寄るのは断念した。乗り継ぎは2時間あるが、再度保安検査を受けなくてはならず、長蛇の列が見えるのであの列には並びたくない。
 アディスアベバの空港はアフリカ最大拠点の一つに成長している。かなり大きいと思っていたターミナルビルも今では手狭で搭乗口付近は所狭しと出発客が行き交っている状態だ。搭乗口は完全に足りない状態で大規模な拡張工事が行われている。エチオピア航空が現在最も急成長している航空会社だというのが見て取れる。エチオピアコーヒーでも飲みたかったが諦めることにした。
photo2 ターミナルの中には空調がないので肌寒く、半袖では厳しいと思い、長袖を持って来たのは正解だった。
photo3
photo4  乗り継ぎ便はダルエスサラームを経由してコモロに向かう。出発便のモニターはなぜかコモロのモロニ経由。普通ダルエスサラーム経由と表示されるのだが。

0006. まえだまさとし 2018/09/04_19:28:03
photo1  出発は9時5分発だったが、乗り継ぎ便の遅れは他にもあったようで1時間遅れでの出発となった。B787だがずいぶん古い感じの機内だ。
photo2
photo3
photo4

0007. まえだまさとし 2018/09/04_19:30:09
photo1 機内食は久々においしく食べることができた。2時間半でダルエスサラームに到着。アディスアベバに比べ閑散とした空港だ。ここで客のほとんどが降機した。
photo2 このままコモロに向かう。機内はガラガラで乗客は20人ほどだろうか。
photo3 ダルエスサラームでは客は誰も乗ってこない。そのまますぐに出発するようで、この時点で定刻運行に回復した。このままモロニまで1時間のフライトだ。ダルエスサラームの中心部上空を経てコモロへ向かう。ダルエスサラームは高層ビルの林立するダウンタウンと白い砂浜が鮮やかでいつかは来て見たいタンザニアの首都だ。
photo4

0008. まえだまさとし 2018/09/04_19:34:18
photo1 グランドコモロの島が眼下に見えた。
photo2 1時間のフライトを経て14時25分にモロニ・プリンス・サイード・イブラヒム国際空港に到着した。

 
photo3 国際線のターミナルまで歩き、ビザは30ユーロか50ドルということでユーロで支払った。ちゃんとしたビザのシールが貼られた。これで正式にコモロ入国となる。
成田で預けた荷物はちゃんと届いていた。当たり前のことだが、毎度毎度はヒヤヒヤする。受け取りの際はちゃんとタグ番号のチェックもしてくれ、勝手に持っていかれることもなさそうだ。
photo4

0009. まえだまさとし 2018/09/04_19:37:49
photo1  空港からはタクシーで8ユーロ(相場より安い)とか言われたが幹線道路沿いからミニバスに乗れば1ユーロだった。1ユーロは500コモロフランの固定レートで慣れれば分かりやすい。
 街の中心のバスターミナルでバスを降りた。
photo2 安めのホテルに当たったがどこも満室。コモロの安宿は20ユーロからだ。
 少しランクをあげ41ユーロの宿(AUBERGE PALACE)に行ったら空室は見つかったがここも部屋はたくさんないみたいだ。コスパの悪さから想像はしていたが、コモロはかなりホテルが不足しているようだ。とらあえず今夜は41ユーロの宿に泊まることにした。

Wi-Fiもあるのでカフェに出向く必要もなさそうだ。ただ少し高いので明日の朝ホテルを移動することも考えている。
photo3
photo4

0010. まえだまさとし 2018/09/04_19:38:42
photo1 41ユーロも出したので当然だが、宿はかなり快適。屋上からの眺めは最高だ。
photo2
photo3
photo4

0011. まえだまさとし 2018/09/04_19:40:06
photo1 ホテル周辺はコモロの商業の中心地で地元の人で賑わう市場などもある。基本的にこの国の見所は限られているので、街の中心部を歩き回るくらいしかする事はないだろう。

夕日に染まる街全体がカラフルだ。
photo2
photo3
photo4

0012. まえだまさとし 2018/09/04_19:41:30
photo1 食事はファストフードの店に入って鶏肉とライスの料理を注文した。値段は高めだ。
photo2
photo3
photo4

0013. まえだまさとし 2018/09/04_19:43:29
photo1 再び市場を散策。この日は時差ボケの影響もあるので早めに寝ることにした。
photo2
photo3
photo4

0014. まえだまさとし 2018/09/04_21:07:01
photo1 【8月19日(日)】

 コモロは東アフリカの標準時間のエリアで東に位置して南半球になるので日没は早く、夜明けは比較的早く、6時前には日が昇っている。
photo2 ホテルの屋上から町を見下ろす。
photo3  早朝の街の中心部へ歩いてみることにした。海岸沿いを南下してみる。
photo4 シーラカンスがコモロでは有名だ。

0015. まえだまさとし 2018/09/04_21:09:04
photo1 モロニの港湾施設が見えてきた。
photo2 モスクなど。
photo3 モロニを象徴するモスクまでは2キロほど歩くことになった。
photo4

0016. まえだまさとし 2018/09/04_21:11:07
photo1 こちらは中心部の近代的なモスク。
photo2 今日は日曜日。商店の営業は8時からのようだが休みの店も多いようだ。

そのエリアに路面がタイル張りのメディナのような路地があり、アーチ状のゲートなどイスラミックでなかなか雰囲気がいい場所を発見した。
photo3
photo4

0017. まえだまさとし 2018/09/04_21:11:48
photo1 モロニの旧市街。
photo2
photo3 古い家屋の壁には溶岩が使われ、火山島らしい建築様式となっている。
photo4

0018. まえだまさとし 2018/09/04_21:12:59
photo1 モロニの人たち。
photo2
photo3
photo4 サッカーをする人も。

0019. まえだまさとし 2018/09/04_21:13:58
photo1  再び歩いて宿まで戻って来た。宿の近くの市場でタロイモとバナナと手羽先を買って部屋へ戻ることにした。露店の料理だと安く、1ユーロ強で済んだ。
photo2 パンは一個100フランから。
photo3
photo4

0020. まえだまさとし 2018/09/04_21:20:34
photo1 ホテルに戻ったら実は朝食付きだと知った。
せっかくなので遅めの朝食を食べることにした。メニューはオムレツやフルーツなど結構ちゃんとしていた。今日は昼食は抜きになりそうだ。
photo2
photo3  今の宿「AUBERGE PALACE」はちょっと高いので、昨日満室だっペンションに部屋は空いたから聞きに行ってみた。しかしここはあいかわらず満室。長期滞在の客が住んでいるとなかなか空きが出ない。
photo4 向かいの「Pension le Gambusi」という宿にも当たってみた。するとこちらは空きが出たようだ。値段は25ユーロ。。流石に16ユーロ節約できるので大きい。その分を食事に使った方が得だ。この宿もシャワー付だがお湯が出ないのは今の宿と同じだ。こちらはファン付きなので風がある分、昨日より快適かもしれない。ただ蚊が多い気がする。

0021. まえだまさとし 2018/09/04_21:21:14
photo1 Wi-Fiはないが昨日の宿の近くに行けばパスワードはそのままで野良電波を拾えるのでそういう点では今の宿に一泊した価値はあるように思う。
photo2
photo3
photo4

0022. まえだまさとし 2018/09/04_21:23:08
photo1  午後はビーチまで歩いて向かった。ビーチの前のモスク。
photo2 コモロでビーチがある場所は限られ、町の中心部に近いこのビーチは便利で砂は白い。
photo3
photo4

0023. まえだまさとし 2018/09/04_21:24:46
photo1 隣接する集落では溶岩を取り入れたイスラミックな建物がひしめき、なかなか雰囲気はいい。

ビーチにバーがありローカルプライスだったので少し休むことにした。
photo2
photo3  戻りは乗合タクシーを使った。値段は200フラン(5分の2ユーロ)。
photo4

0024. まえだまさとし 2018/09/04_21:25:53
photo1  夕方、再び中心部のモスクへ向かった。途中の独立を記念した碑と国旗。
photo2 入り江に面したモスク。
photo3
photo4

0025. まえだまさとし 2018/09/04_21:26:49
photo1 モスクが集中するエリアの一帯は毛細血管のような路地が縦横無尽に通っていて、モロニの歴史地区メディナにあたる場所のようだ。しかし観光化されてないので建物に統一感がなく老朽化が進んでいるが、コモロらしくてそれはそれでいい。
photo2
photo3
photo4

0026. まえだまさとし 2018/09/04_21:29:57
photo1 モロニの子供たち。
photo2 モロニでもトルコ航空の存在感は大きい。
photo3 それに対してイエメン航空。かつてイエメン航空はジブチ経由でモロニに便を飛ばしていたが、本国の政情が不安定になり、撤退してしまったようだ。
photo4 なぜかハマーを何台か見かけた。

0027. まえだまさとし 2018/09/04_21:34:24
photo1 夕食は市場のレバーの串焼きを食べることにした。しかしレバーは大量に食べると飽きるので一本だけ食べ、あとは今朝と同じ露店で芋と手羽先の炭火焼を買い、ホテルに戻ることにした。
photo2
photo3
photo4

0028. まえだまさとし 2018/09/04_21:36:14
photo1 「Pension le Gambusi」の客室。
photo2
photo3
photo4

0029. まえだまさとし 2018/09/04_21:40:11
photo1 【8月20日(月)】

この宿はかなり蚊が多が多く、辛い夜だった。部屋にいる時は最小限の刺され方で済んだが浴室は酷かった。でも16ユーロ浮いて他に回せるので良しとしよう。
 月曜日の朝、人通りは多めだが8時までは屋台を除いて空いている店は全くない。
photo2 海沿いのカフェへ向かった。カルチャーカフェ。モロニを題材にした絵画が飾られていて雰囲気のいいカフェだ。店員の対応もいい。向かいはエチオピア航空が入る建物がある。
photo3
photo4

0030. まえだまさとし 2018/09/04_21:41:48
photo1 カフェラテを頼んだらカキと呼ばれるコモロ風のクレープも付いていた。クレープは100コモロフラン(20円)のようだ。
photo2 行くところもないので中心部のモスクへむかった。
photo3
photo4

0031. まえだまさとし 2018/09/04_21:42:32
photo1 平日の朝だが商業エリアではないので賑やかではないが、昨日閉まっていたメディナカフェが営業していたのてエスプレッソ風のコモロコーヒーを嗜むことにした。100フラン(20円)だがただで飲ませてもらえた。
photo2
photo3
photo4

0032. まえだまさとし 2018/09/04_21:44:28
photo1  今日は雲も多く、今のところ歩いていても汗をかかず過ごしやすい気候だ。10時に一度乗合タクシーで宿の近くの市場へ戻った。
photo2 宿に出発の準備を整えることにした。アディスアベバへの出発は16時半なので14時に空港へむかえばいいだろう。それまでMOCAFEへ行くことにした。インド人経営のカフェだ。ネット接続だがかなり遅くほとんど使い物にならなかった。食事はビリヤニもあったが6ユーロはちょっと高い。でもコメは貴重だ。この先、食事が不透明なので食べておくことにした。ビリヤニはインド人の作る本場の味でライスにハーフチキンが埋まっている。量が多かったが美味しく完食した。コモロ最後の晩餐となった。
photo3
photo4

0033. まえだまさとし 2018/09/04_21:45:45
photo1  空港へはミニバスを使うことにした。値段は1ユーロ。空港に向かう幹線道路に止まっていた車に声をかけたら簡単に見つかった。
photo2
photo3 しかしどこへ行くミニバスかわからないが、途中で荷物の多い客が乗り込んできたり、ガソリンを給油したり束の間の長距離移動の雰囲気を味わえた。今日は雨の降りやすい天気で屋根の上に乗せたバックパックが濡れてしまった。
photo4

0034. まえだまさとし 2018/09/04_21:48:09
photo1  けっこう早く出たつもりだっだが空港に着いたのは出発の2時間前だ。空港ターミナル内はカオス状態でトルコ航空とエチオピア航空の客で溢れかえっている。到着時の閑散としていた雰囲気をイメージしていたので油断していた。ターミナルの中にもスムーズに入れない。
photo2  チェックインは優先的にすぐに済ませられ、最終目的地のキガリ(ルワンダ)までの搭乗券を受け取った。チェックインはすぐに終わっても出国審査と荷物検査は並ばなくてはならない。ターミナル内部は人で溢れかえっているが、
photo3 一応この空港にはラウンジがある。全ての航空会社共通のラウンジだ。招待状がないので確認に少し待たされたが正式に入場できた。ラウンジ客はトルコ航空を含めて10人弱。ラウンジはエアコンが効いていてスペースにも余裕があるのでかなりのエグゼクティブ感がある。外とはまるで別世界だ。
photo4  しかしラウンジのネットはパソコンでは使えなかった。スマホは使えた。なにやら制限がかかっているようだ。
 ラウンジではコモロ風のエスプレッソとカステラが出された。他にソフトドリンクなどがあるようだ。

0035. まえだまさとし 2018/09/04_21:50:03
photo1 コモロの紙幣。1ユーロ=500コモロ・フラン。
photo2
photo3 45分前に搭乗が始まった。駐機場が遠いのでかなりの距離を歩かされることになった。今日は雨が降っているので大変だ。でもモロニ滞在中に雨には降られなかったのでよかった。
 エチオピア航空は到着時に比べればかなり混雑している。満席ではないがけっこう需要があることに驚きだ。
photo4

0036. まえだまさとし 2018/09/04_21:51:12
photo1 3回目のフライトにして初めて自分の座席のモニターが機能した。エチオピア航空のB787は老朽化が早すぎる。
 帰りはダルエスサラームには寄らず、アディスアベバまで3時間だ。
photo2 機内食。
photo3
photo4

0037. まえだまさとし 2018/09/04_21:56:30
photo1 アディスアベバには定刻よりもかなり早く到着した。今回は乗り継ぎの時間が長いので航空会社ラウンジへ立ち寄ることにした。あいかわらず中国人の多い空港だ。中国人スタッフを配置した案内所まで存在する。
 アディスアベバのラウンジはリニューアルされたらしいがビジネスクラスとゴールド客は別のラウンジになったようだ。
photo2 こちらがビジネスクラス用ラウンジ。
photo3 こちらはスターアライアンスゴールド用のラウンジ。
photo4 当然ゴールドのラウンジはショボく、リニューアル前より酷くなっている気がしないでもない。まぁジュースをタダで飲めるので良しとしよう。WI-Fiは空港ならどこでも使えるらしくラウンジだけが速いという事もない。アディスアベバではラウンジに入るメリットが薄れつつある。せめてシャワーでもあればいいのだがそれもない。

0038. まえだまさとし 2018/09/04_21:58:35
photo1  乗り継ぎ便のキガリ行きは22時35分発。再び保安検査を受けて搭乗口へと向かった。35分前から搭乗が開始されたがずいぶん乗客が少ないようだ。B737だがバスには20人くらい乗っているだけだ。

キガリヘは二本飛んでいるが深夜便の需要がないのか。
photo2 「東アフリカ諸国①(コモロ)2018年夏」はここまで。

続きは「東アフリカ諸国②(ルワンダ・ウガンダ)2018年夏」を参照してください。

【 終 わ り 】
photo3
photo4

旅BBSトップ旅BBS(テキスト版)スレッド一覧