旅BBS (テキスト版)
tabibbs.com
旅BBS(本体) は、 ここをクリック
※このページは、旅BBS『画像掲示板』のテキストページです。 旅BBS『画像掲示板』本体へは、ここをクリックしてお進み下さい。

旅BBSメニュー>国内情報ノート
アウシュヴィッツ平和博物館(福島県白河市)

0001. DS 2006/07/02_15:26:05
photo1 アウシュヴィッツといえば、ナチス占領下で大量虐殺が行われた強制収容所の1つ。ここで150万人が殺されたとか。
ポーランド・クラクフ近郊にあり、広島の原爆ドームと同じように「負の遺産」としてユネスコ世界遺産に登録、現在は国立博物館として保存されています。

その国立博物館から写真や資料等を借り受けた「アウシュヴィッツ平和博物館」というものが、日本にあることは、あまり知られてはいないと思います。

それは福島県の南の端、栃木県と接する白河市というところ。
2006年6月末にそこを訪ねてみたのでご紹介します。
photo2 残念ながら展示品の写真撮影は禁止されているので、それらの写真はありません。建物の外側の写真その他のみです。ご了承下さい。
photo3 最寄り駅はJR東北本線の白坂駅。栃木県から福島県に入って最初の駅です。東北新幹線が停まる新白河駅の1つ手前(東京からみて)。

東北新幹線で新白河まで行き、そこで在来線に乗り換えて1駅戻るという方法が、最も手っ取り早く行く方法。

新幹線を使わずに安く行く方法、湘南新宿ラインなどで宇都宮へ行き、東北本線黒磯行きに乗り換え、さらに黒磯で郡山行きに乗り換える。乗り継ぎが少々面倒ですが、東京から3時間30分から4時間で着きます。僕はこの方法で行って来ました。
photo4 黒磯駅で郡山行きに乗り換える。

0002. DS 2006/07/02_15:37:45
photo1 白坂駅は無人駅。
photo2 電車は1時間に1本程度で、電車が発車した後しばらくの間は人もいなくなって、とても静か。
photo3 駅からまっすぐ伸びている道を5分ほど進むと、この看板が見えてきます。見知らぬ土地でも迷うことはありません。
photo4 看板のところから細い道を左に曲がってしばらく行くと、目指すアウシュヴィッツ平和博物館の建物が見えてきます。

江戸中期の民家を移築したものだとか。 

0003. DS 2006/07/02_22:33:49
photo1 博物館入り口。

玄関をガラガラと開けて入るとすぐにチケットを買うところがあり、座敷からスタッフが対応してくれる。

入場料500円、小中高生300円。
photo2 まず最初にテレビのある部屋に案内され、15分ほどのDVDを見ることに。
アウシュビッツがどういうところで、そこで何が行われていたのかを紹介するDVDですが、当時の映像なども含まれていて見入ってしまいます。

写真パネル、囚人服、身長計測器などなどが展示されています。女性、老人、身体に障害のある人、そして身長120cmに満たない子供たちが真っ先に殺されていったそうで、身長計測器はその高さに設定されています。

展示品の数は多くないものの、それぞれが意味深いものばかりで、見応えは十分。
photo3 アンネ・フランクの足跡を辿ったコーナーもあり、身を隠していた建物の模型など、こちらも見入ってしまうこと必至。
photo4 本物に似せて短い線路を敷き、それらしい雰囲気も出している。

0004. DS 2006/07/02_22:37:33
photo1 線路上にある貨物列車の中は、ポーランドの子供たちが書いた戦争に関する絵などが展示されています。
photo2 チケットの表と裏。
photo3
photo4

0005. DS 2006/07/02_22:53:45
photo1 こんな長閑なところ。
photo2 新白河駅。

僕は、ここからバスで5分ほどのところにある高校に通っていました。高校時代3年間は毎日バスでここを通過していたわけです。今回、卒業以来およそ14年振りの訪問です。
この辺りの風景は、当時と全く変わっていませんでした。
photo3 松尾芭蕉。奥の細道。



〔おわり〕
photo4

旅BBSトップ旅BBS(テキスト版)スレッド一覧