旅BBS (テキスト版)
tabibbs.com
旅BBS(本体) は、 ここをクリック
※このページは、旅BBS『画像掲示板』のテキストページです。 旅BBS『画像掲示板』本体へは、ここをクリックしてお進み下さい。

旅BBSメニュー>国内情報ノート
京都1日市バス観光

0001. 旅蔵 2007/01/10_01:37:25
photo1 予定も立てずに京都にやって来ました。
京都駅に到着したのが午前11時だったので、清水寺、平安神宮、金閣寺、そして、余裕がありそうなら銀閣寺を回る事にしました。このメニューは、京都定期観光バスの名所探訪ツアーとほぼ同じです。ツアーの方が、ガイドも付くし、煩わしい乗り継ぎや拝観料をいちいち払う必要も無いでしょうから、行きたいところと用意されているツアーの内容が同じなら、観光バスが断然便利です。タクシーを一日貸し切るという手もあります。
この写真は京都駅前のバス乗り場ですが、長蛇の列。臨時バスも出ていました。とりあえず、バスなびを片手に長蛇の一員となりました。バスなびは、インフォメーションでもらえます。京都の地図と、路線バスのルートが乗っているので、乗りたいバスが一目でわかります。
photo2 まずは206番のバスで五条坂下車。清水寺へ向かいました。
photo3
photo4 入り口に着きました。

0002. 旅蔵 2007/01/10_02:04:01
photo1 見上げると三重塔。
photo2 少し登ると
photo3 京都の町を一望できます。
photo4 更に奥へ。この先に清水の舞台があります。

0003. 旅蔵 2007/01/10_23:49:24
photo1 何処を撮っても絵になる境内。
photo2 清水の舞台裏
photo3 フムフム
photo4

0004. 旅蔵 2007/01/11_00:30:14
photo1 金棒が飾ってありました。全部鉄なので片手だと持ち上がらない。
photo2 清水の舞台へ。
photo3
photo4

0005. 旅蔵 2007/01/11_01:15:47
photo1 舞台脇から下に降りれますが
photo2 降りずに、こっちの舞台に行くと
photo3
photo4 ダイナミックな清水の景色が見れます。

0006. 旅蔵 2007/01/11_21:02:53
photo1 清水の舞台
photo2 周りの景色を入れると壮大感が増します。
photo3 更にちょっと離れて撮ると、清水寺のすごさが伝わります。
photo4 下に下りました。この通りのうどん屋がうまい。

0007. 旅蔵 2007/01/11_23:09:37
photo1 今度は真下から見た清水の舞台。釘を一本も使わずに組んだという話を聞いたことがあります。
※ところで、既にお気づきの人もいらっしゃるかと思いますが、今までのいくつかの写真は、写真をいくつかに区分けして撮ったものを貼り合わせて一枚にしています。メルカトル図法のようなものです。なので、人間などの動くものが移っていると、人が切れて移っている箇所があります。
photo2 清水の舞台を下から見ると、床裏に何か書いてありました。
photo3 望遠で撮影したら、確かに何か文字のようなものが!梵字?
photo4 清水寺を出ました。土産屋が並んでいて賑やかです。ただ、願わくば、多過ぎる電柱と電線を何とかしてほしいですが。

0008. 旅蔵 2007/01/12_00:57:47
photo1 清水寺から祇園の方へ、趣のある参道が続きます。
photo2
photo3
photo4

0009. 旅蔵 2007/01/12_01:08:14
photo1 東山参道。清水寺から徒歩10〜15分のところです。見所いっぱい。
photo2 脇道ですら、こんなに趣き深い・・・
photo3 見ているとキリが無いので、平安神宮へ向かうことにしました。バスでこんな感じで回りました。
photo4 平安神宮前に停車。

0010. 旅蔵 2007/01/13_00:55:18
photo1 平安神宮は、1895年(明治28年)に平安遷都1100年を記念して、平安京遷都当時の天皇であった第50代桓武天皇を祀る神社として創建された(出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)とある。
photo2 正門
photo3 全体はこんな感じ。
photo4 敷地内を左から右へ、ぐるっと分割して撮影したものを繋ぎ合わせてパノラマ写真にしてみました。その場にいるような臨場感を味わえるでしょうか?

0011. 旅蔵 2007/01/13_01:13:32
photo1 小学校の修学旅行で撮った記念写真は、確かこのあたりだったかしらん。
photo2 平安神宮は、色艶やかな印象が深かった。
photo3
photo4

0012. 旅蔵 2007/01/13_01:31:25
photo1 銀閣寺橋よろしく、銀閣寺へやって来ました。
photo2 何処にカメラを向けても趣深い京都。
photo3 清水寺ほどではありませんが、こちらもお店が並んでいました。
photo4 境内図。入り口は、この図の左下のところです。

0013. 旅蔵 2007/01/13_12:48:28
photo1 総門をくぐると、50メートル続く生垣があります。
photo2 ややこしい名前がついていますが、用は入場料のことです。
ちなみに、拝観料は大人1人
清水寺:300円
平安神宮:600円
銀閣寺:500円
金閣寺:800円
(2007年1月現在)
です。
これにバスの料金が乗り降りごとにかかるので、やはりツアーの方が割安でしょうか?(バスは1日パスみたいなのもありましたが)
photo3 中門
photo4 中門をくぐると、こんな感じ。小庭がありました。

0014. 旅蔵 2007/01/13_15:34:59
photo1 実は銀閣寺は、銀色でもないし、それほど期待していなかったんですが
photo2 この砂で表現した波と
photo3 富士山、そして木々と調和する銀閣寺の庭は、
photo4 見ごたえ十分でした。

0015. 旅蔵 2007/01/13_16:10:31
photo1 四季折々の姿を見せてくれる名園
photo2
photo3 お茶の井、とあります。この根の生え方で流水を表現しているらしい
photo4 展望所から眺めた境内

0016. 旅蔵 2007/01/13_16:32:10
photo1 実は、銀閣寺という名は俗称で、正しくは東山慈照寺というそうです。1482年建立。
photo2
photo3
photo4

0017. 旅蔵 2007/01/13_17:34:59
photo1 大の字が見えます。金閣寺に来ました。
photo2 この参道の先が金閣寺。
photo3 正しくは、鹿苑寺というそうです。
photo4 1994年世界文化遺産に登録。京都はたくさんの外国人観光客がいましたが、外国人には、ここが一番人気ではないでしょうか?

0018. 旅蔵 2007/01/13_23:30:02
photo1 舎利殿(金閣)
photo2 来たのが夕方だったので、中には入れませんでした。
photo3 鎌倉時代、1397年足利3代将軍義満が西園寺家から譲り受けたとの事。
photo4

0019. 旅蔵 2007/01/13_23:45:01
photo1 金閣をあとに。
photo2 お地蔵さんがお賽銭まみれです。
photo3 白蛇の滝とあります。
日本初の長編アニメ「白蛇伝」(東映)というのがありましたが、これは中国の古いお話。金閣寺のある北山文化の頃は中国(明)との交易が活発だったそうですから、この場所もその辺りの意味もあるんでしょうか?
photo4 裏の小高い場所から見た金閣

0020. 旅蔵 2007/01/13_23:48:16
photo1 茶所です。
photo2 抹茶とお菓子で一服。
photo3 大渋滞で、金閣寺から京都駅まで1時間近くかかってしまいました。すっかり夜。京都タワーに別れを告げ、市バス観光おわりです。
photo4

旅BBSトップ旅BBS(テキスト版)スレッド一覧