旅BBS (テキスト版)
tabibbs.com
旅BBS(本体) は、 ここをクリック
※このページは、旅BBS『画像掲示板』のテキストページです。 旅BBS『画像掲示板』本体へは、ここをクリックしてお進み下さい。

旅BBSメニュー>国内情報ノート
平城遷都の旅(法隆寺と大仏さま)

0001. 旅蔵 2007/01/25_23:39:58
photo1 時折振る、みぞれまじりの雨と強い風の曇天模様の寒い朝、地味に奈良法隆寺へやって来ました。
photo2 日出ずる処の天子、よろしく・・・
photo3 南大門へ
photo4 南大門を抜けると、おお、五重塔が見えました!

0002. 旅蔵 2007/01/26_00:08:26
photo1 南大門からまっすぐ歩きます。
photo2 JR大阪駅からJR法隆寺駅まで約30分、600円ぐらいで行けます。JR法隆寺駅からは徒歩15分ですが、この日は生憎(あいにく)の天気だったので、バスで来ました。
大阪って、こういう歴史観光をするにはとても便利な拠点であります。因みに、JR大阪駅から京都も約30分、600円ぐらい。姫路だと新幹線を利用して、こちらも約30分。大阪自体もユニバーサルスタジオや大阪城や吉本花月、あと、たこ焼きとかうどんがうまい!甲子園、タイガースもありますし、神戸とか、多々。
歴史は西からと申しますが、もし外国の友人で日本の文化に触れたいという人がいたら、大阪がコストパフォーマンスに優れていると言っていいような気がします。
photo3 現在位置、この見取り図の左中央やや下あたりです。
photo4 法隆寺中門に来ました。

0003. 旅蔵 2007/01/26_00:14:21
photo1 入り口は、この中門より左にあります。
photo2 五重塔、お久しぶりです。小学校の修学旅行以来。
photo3 五重塔はこのような回廊で四方を囲まれております。
photo4 左が五重塔、右が金堂(木の陰に隠れていますが)です。

0004. 旅蔵 2007/01/26_00:26:33
photo1 法隆寺の拝観料は、ここ(西院伽藍)と大宝蔵院、夢殿のある東院伽藍3箇所のチケットが自動的に付いていて1000円とちょっと高め、いとわろし。
photo2 この殺風景さが、710年築っていう時を感じささてくれます。
photo3 いろんな角度から撮ります。
photo4 2010年は、平城京遷都1300年なので、きっとイベントが盛り沢山でしょう。

0005. 旅蔵 2007/01/26_00:39:27
photo1 子供の頃、五重塔はここだけかと思っていましたが、いっぱいあるんですねぇ。日本最古の五重塔がここ。
修学旅行のときの説明で、ここを作ったときに、屋根裏に傘を忘れた名大工がいて、その傘が今でも残っているという話を思い出しまして、探してみたんですが見当たらず、近くにいたスタッフらしきおじさんに聞いてみたら、そりゃ、京都の知恩院だよって言われました。
奈良の歴史に、自分の歴史が思い出されます。
photo2 廻廊から外へ。鏡池。
photo3 日差しが戻ってきました。
photo4 どこも綺麗に掃除されています。拝観料高いと言ってすみません。いい仕事してくれてます。ご苦労様です。

0006. 旅蔵 2007/01/26_00:53:55
photo1 五重塔を後に。
じつは、すでに大宝蔵院も見学し、今から夢殿へ向かうところです。大宝蔵院は、観音様やお釈迦様の古い古い仏像が展示されていたのですが、撮影不可。
軍事施設ならわかりますが、文化施設で撮影不可というのは何故か理由を示してもらいたいものです。「京都買います」(怪奇大作戦)ならず、奈良買いたいです、お金が余りある程あれば。です。
photo2 東大門から夢殿へ。
photo3 最近水溜りなんて見てないことに気づく。
photo4 壁が低く感じる。当時の日本人の身長ってどれくらいだったんでしょうか?

0007. 旅蔵 2007/01/30_21:22:50
photo1 綺麗な紅い花をつけた樹がありました。写真右上が拡大写真です。なんと言うんでしょう?
photo2 夢殿。八角円堂となっていて、中には聖徳太子の像が収められています。
photo3
photo4 写真右が、夢殿を囲む壁の一部、左が鐘楼です。

0008. 旅蔵 2007/01/30_21:33:54
photo1 法隆寺を後に・・・
photo2 JR法隆寺駅から奈良行きの電車に乗って、奈良駅へ。10分ぐらい。
photo3 奈良駅前からは、こんな感じで色々行けます。
「世界遺産ぐるっとバス」ろいう便利な観光バスも出ているのでネット等で調べてみてください。4ヶ国語表記だそうです。
私は、とりあえず東大寺と奈良公園の鹿が見たかっただけなので、観光局の方に言われたとおり、歩いていきました。2.3kmって結構遠い。
photo4 人力車に標識は関係なさそうです。

0009. 旅蔵 2007/01/30_21:36:59
photo1 東大寺に向かう途中、またも五重塔がありました。
photo2 左下に鹿がいます。
photo3 角は危険なので、このようにカットされています。
photo4 五重塔は、興福寺でした。世界遺産です。

0010. 旅蔵 2007/01/30_21:40:35
photo1 五重塔の下に来ました。このあたりは、特に入場料は要りません。奈良駅から東大寺に行く途中に見れます。
photo2
photo3 現在位置は、写真中央やや右あたり。
photo4 そこから撮った写真です。

0011. 旅蔵 2007/01/30_21:46:45
photo1 興福寺を後にします。
photo2 鹿、子供の上背ぐらいあります。
photo3 人力車は、平城京の時代からあったんでしょうか?ハイカラさんのイメージが強いんですけど。ひょっとしたら時代設定がめちゃめちゃかもしれません。
photo4 鹿せんべい、食べたことありますか?

0012. 旅蔵 2007/01/30_21:54:45
photo1 参道まで卑しい鹿が餌にありつこうと出てきています。
photo2 東大寺は奈良公園の中にあります。
photo3
photo4 写真右下の小橋を渡って、南大門に向かいます。

0013. 旅蔵 2007/01/30_21:57:33
photo1 南大門、左の仁王様。ちょっとピンボケでした。
photo2 右の仁王様。
photo3 人と比べると、こんな大きさです。
photo4 南大門を抜けました。

0014. 旅蔵 2007/01/30_22:01:30
photo1 南大門から中門へ向かう途中。
photo2 右下にガイドの鹿さんがいます。
photo3 ズームイン
photo4 中門に来ました。この中に東大寺があります。

0015. 旅蔵 2007/01/30_23:22:45
photo1 拝観料500円
photo2 廻廊と大仏殿
photo3 この中に大仏様がいます。
photo4 パンフ等でよく見る写真はこのアングルからのものが多いです。

0016. 旅蔵 2007/01/30_23:31:23
photo1 大仏殿入り口まで来ました。
photo2 ジャーン!大仏様登場!!
広角レンズじゃないと近くて大きいので撮れません!強引に標準レンズで撮ったものを貼り合わせました。雰囲気だけでも味わってみて下さいな
photo3 大仏様の両脇にも巨大な仏像があります。こちらは左の仏像と大仏様
photo4 大仏様は大仏殿の中央にあります。左回りに歩いて、これは大仏殿左奥の仏像です。

0017. 旅蔵 2007/01/30_23:59:28
photo1 左奥から見た大仏様。写真がブレてます。中は結構暗いのか、ブレ写真が多くなってしまいました。
photo2 このミニチュアは、囚人が作ったとのことです。
photo3 大仏殿左奥から右奥を見た写真です。写真右の土台が大仏様の乗っているところ。
photo4 大仏様の後ろはこんな感じ

0018. 旅蔵 2007/01/31_00:09:21
photo1 こういったものも飾ってあります。
photo2 東大寺右奥の仏像。写真左下にある柱の穴は大仏様の鼻の穴と同じ大きさ?とのこと。子供やスリムな人が通り抜けてました。
photo3 写真右奥後方から見た大仏様
photo4 大仏様の向かって右側に座っている仏像

0019. 旅蔵 2007/01/31_00:11:16
photo1 そろそろ大仏様の周りを一周です。お疲れ様。
photo2
photo3
photo4 大仏殿を出て中門へ

0020. 旅蔵 2007/01/31_02:03:17
photo1 鹿です。
photo2 鹿注意です!
photo3 鹿です。あちこちにいます。
photo4 東大寺から春日大社へ向かいます。

0021. 旅蔵 2007/01/31_02:07:23
photo1 また鹿です。そろそろ見飽きました。
photo2 歴史を感じさせる大樹
photo3 春日大社の入り口に来ました。
大晦日「ゆくとしくるとし」でおなじみです。
photo4 ここの参道はとても長いので、大勢の人向きだと思います。

0022. 旅蔵 2007/01/31_02:12:35
photo1 “とうろう”と打って漢字変換したら、こんなに出てきました。
灯篭、燈篭、蟷螂、燈籠、灯籠、灯ろう
この場合、どれが正しいんでしょう・・・
photo2 本堂入り口に辿り着きました。
photo3 この赤い門をくぐると
photo4 ちょっと見栄えのしないここが、お賽銭を入れるところ。

0023. 旅蔵 2007/01/31_02:15:09
photo1 春日大社周辺写真集
photo2
photo3
photo4

0024. 旅蔵 2007/01/31_02:21:56
photo1 春日大社周辺写真集、続き
photo2
photo3 奈良は世界遺産の町でした。ちょっと多過ぎだろ、おい。
photo4 奈良公園の鹿にさよならを告げて、平城遷都1300年の3年前の旅を終わります。

旅BBSトップ旅BBS(テキスト版)スレッド一覧