旅BBS (テキスト版)
tabibbs.com
旅BBS(本体) は、 ここをクリック
※このページは、旅BBS『画像掲示板』のテキストページです。 旅BBS『画像掲示板』本体へは、ここをクリックしてお進み下さい。

旅BBSメニュー>国内情報ノート
房総半島ローカル線プチ旅行(千葉県)2012年7月

0001. 旅蔵 2012/07/29_23:19:18
photo1 2012年7月。一泊二日で養老渓谷へ行くことにしました。
旅行日程は、まずJR線で大原海水浴場へ。海水浴を済ませた後、いすみ鉄道で大原から上総中野まで行き、上総中野から小湊鉄道に乗り継ぎ、隣の養老渓谷で下車して一泊。翌日、養老渓谷から五井まで行き、JRに乗り換え、帰宅となります。
写真は、いすみ鉄道ムーミン列車。車両にムーミンの絵が描かれています。
photo2 地図の黄色が、いすみ鉄道全区間(大原−上総中野)、赤い線が小湊鉄道全区間(上総中野−五井)となります。
photo3 大原駅から大原海水浴場までは、徒歩20分とありますが、炎天下ではしんどいので、タクシーで向かいます。右の建物は、無料の水シャワーと公衆トイレと展望台です。展望台は平日のせいか?入り口が閉まって入れませんでした。
photo4 7月末だというのにビーチはガラガラ、ちょっと寂しいぐらいのプライベートビーチ状態でした。外房は水が澄んでいるし、ここのビーチは、遠浅で家族連れには最高です。帰りは、海の家でタクシーの電話番号を教えてもらい、タクシーを呼びました。ソフトバンク携帯でも電波が通じました。タクシー料金は往復で2000円ぐらいでした。

0002. 旅蔵 2012/07/29_23:27:22
photo1 大原駅です。右がJR、左がいすみ鉄道。
photo2 駅の中です。右がJR改札、左がいすみ鉄道入り口。
photo3 お土産屋です。
photo4 いすみ鉄道のマスコット、ムーミンのグッズが充実。

0003. 旅蔵 2012/07/29_23:39:20
photo1 お土産屋を抜けるとプラットホームに出ます。本数が少ないので、小湊鉄道への乗り継ぎを考えると、なかなか自分が希望する時間の列車がありません。
photo2 車内です。暑さに冷房が負けていました。
photo3 のどかな風景が最後まで続きます。
photo4 菜の花が咲く頃が、もっとも見ごたえがあるようです。

0004. 旅蔵 2012/07/29_23:49:22
photo1 電車の正面窓脇にはスティンキーがいました。
photo2 駅や線路脇にムーミンもいます。写真は撮り逃しましたが、鉄橋の脇で釣りをするムーミンもいました。運転手さんが、気さくに話しかけて教えてくれます。
photo3
photo4 人も駅も風景も気さくです。

0005. 旅蔵 2012/07/31_20:42:04
photo1 大多喜は、房総の小江戸よ呼ばれた本多忠勝の城下町だそうです。
photo2
photo3 大多喜城
photo4 終点の上総中野に到着。ここから小湊鉄道へ乗り継ぎです。

0006. 旅蔵 2012/07/31_20:50:37
photo1 上総中野。いすみ鉄道の黄色いムーミン列車(左)から、右の小湊鉄道の汽車に乗り換えます。
photo2 上総中野駅
photo3 大多喜町の観光案内。
photo4 老川いきものマップ。
大自然というよりは、古き良き日本の自然が残っている感じです。

0007. 旅蔵 2012/07/31_20:54:07
photo1 小湊鉄道に乗り換えました。
photo2 車掌さん。
こちらは先頭車両でしたが、冷房が壊れているということで、後ろの車両に移動。
photo3
photo4 上総中野から養老渓谷までは一駅です。

0008. 旅蔵 2012/07/31_20:58:20
photo1 駅を出て左に足湯があります。鉄道利用客は無料。
photo2
photo3
photo4 駅前には観光案内

0009. 旅蔵 2012/07/31_21:07:43
photo1 ハイキングコースの紹介もあります。
photo2 バスも出ています。
photo3 渓谷だから多少は涼しいかと思っていましたが、蒸し風呂のような暑さでした。宿に電話したら駅まで迎えに来てくれました。暑過ぎて、遊歩道の散歩は次の日の早朝に決め、宿についてビールを飲んだら、眠ってしまいました。そして、目が覚めたら、夕食です。ここは渓谷といえど、海も近いし川もあるので、山の幸・海の幸・川の幸がおいしく食べられます。
photo4 翌日早朝5時半ぐらいです。宿から見た渓谷。
前夜、温泉に入ったら体が温まりすぎて、よく眠れないまま、朝を迎えました。養老渓谷の温泉は、コーヒーのような色をした温泉で、とても気持ちが良かったです。

0010. 旅蔵 2012/07/31_21:11:05
photo1 養老渓谷
photo2
photo3 赤い橋を渡って出世観音へ。
photo4

0011. 旅蔵 2012/07/31_21:17:50
photo1 出世観音へ
photo2
photo3
photo4 橋からここまでは一本道で分かれ道はありません。本当は、橋を渡ったら渓谷の遊歩道にも行けると思ってたので残念。また、橋の入り口まで戻らなければなりません。

0012. 旅蔵 2012/07/31_21:21:12
photo1 出世観音から橋へ戻る途中、カニを見つけました。
photo2 おぉ、野生のヘビは何年ぶりに見たことでしょうか?!
photo3 オハグロトンボです。綺麗な水があるところにしかいません。
photo4 橋を渡り、やっと遊歩道へのトレッキングコースに入りました。

0013. 旅蔵 2012/07/31_21:27:20
photo1 こんな橋渡しを渡ったりしながら、進みます。私達が行ったのは、最も短いコースだったので、ゆっくり歩いて1時間半弱でした。
photo2 オートフォーカスでピントが合わせられないのが残念ですが、ヤゴです。
photo3 途中休憩所があり、バーベQもできます。
photo4 川を良く見ると、大きな鯉が泳いでいました。

0014. 旅蔵 2012/07/31_21:30:19
photo1 養老渓谷
photo2 紅葉の頃は、凄い人で賑わうそうです。
photo3 結構でかいトリが飛んでいました。
photo4 宿に戻りました。電線にツバメがいっぱいとまっていました。

0015. 旅蔵 2012/07/31_21:33:57
photo1 養老渓谷駅に戻って来ました。ここのマスコットは、懐かしいケロちゃん。(キューピーちゃんもいましたね)
photo2 小さな駅なのに、小湊鉄道グッズは充実。
photo3 列車が来ました。
photo4 終点の五井で、JR線に接続です。

0016. 旅蔵 2012/07/31_21:41:05
photo1 車窓から。アジサイがところどころに群生していました。
photo2 駅で列車にカメラを構える人もチラホラ見かけました。
photo3 五井に近づくにつれて、今夏景色は薄れていきますが、良いところです。
photo4 五井方面から列車が来ました。基本は単線で、駅近くで線路を切り替えて列車が行き来します。プラレールみたいです。
この後、五井でJR線に乗り換え、旅も終わりました。【おしまい】

旅BBSトップ旅BBS(テキスト版)スレッド一覧